二重まぶた

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。
その他の目の手術
▼その他の目の手術の症例写真・画像はこちら
その他の目の手術

【その他の目の手術】
 

■  目頭切開
目と目が離れて間のびして見える場合は目頭切開(Z形成法、内田法、平賀法など)でキリッとした目元にします。

●目頭切開

・局所麻酔
・時間 30〜45分
・抜糸 5日
・通院 1〜2回
・術後の腫れ 5〜7日
・シャワー、洗髪 当日より可
【Before】
【After】


■ 眼瞼下垂
まぶたが開ききっていない状態の眠そうな目である眼瞼下垂を治す手術は、専門医の高度な技術が必要です。
眼瞼挙筋の機能により、眼瞼下垂の程度が軽度から強度まで決まり、専門医が挙筋前転、挙筋短縮、腱膜移植などから患者さんに最適な方法を選択いたします。
●眼瞼下垂

・局所麻酔
・時間 45〜90分
・抜糸 5日
・通院 1〜2回
・術後の腫れ 5〜7日
・シャワー、洗髪 当日より可
【Before】
軽度〜中等度眼瞼下垂
【Before】
中等〜強度眼瞼下垂
【After】


■ 涙袋(涙堂)形成
チャームポイントとして目の下に涙袋(涙堂)をつくるのは、ヒアルロン酸などでは簡単にできますが、きちんとした形成手術を行える専門医は限られています。
●涙袋(涙堂)形成

・局所麻酔
・時間 45〜60分
・抜糸 5日
・通院 1〜2回
・術後の腫れ 5〜7日
・シャワー、洗髪 当日より可
【Before】
【After】


■ 目(瞳)を大きく、目力(めぢから)をつける
目を大きく見せたい、目力をつけたいというご希望には、挙筋や眼輪筋の手術で可能にすることができます。
●目を大きく、目力をつける

・局所麻酔
・時間 45〜60分
・抜糸 5日
・通院 1〜2回
・術後の腫れ 5〜7日
・シャワー、洗髪 当日より可
【Before】
【After】

石原先生の目の手術に関するブログはこちら


※他院による二重やまぶた手術の修正術、再手術もお気軽にご相談下さい。経験の多い学会認定専門医なら必ず解決できます。

▲ その他の目の手術  TOP  

◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


【Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A】 

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(その他の目の手術)はこちらへ


その他の目の手術の流れ

【その他の目の手術の流れ】

お電話・メールでのご予約

学会認定専門医とのカウンセリング

お申込・治療(カウンセリング当日治療が可能)

治療時間、抜糸、アフターケアなどについてはこちら



その他の目の手術の症例写真・画像 〜学会認定専門医Dr石原、Dr工藤による症例〜

【その他の目の手術の症例写真・画像 〜学会認定専門医Dr石原、Dr工藤による症例〜】

二重まぶた症例写真4
二重まぶた(切開法)・目頭切開(31歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「目頭切開と二重の切開法を組み合わせ、なるべく目を大きく見せたいというご希望を叶えました。二重の幅と目頭の開き具合のバランス調整は実は難しいので、術前のカウンセリング時に、担当医に十分にシミュレーションを行っていただき、納得した上で受けるようにしてください。この方は希望通りの仕上がりということで、とても満足してくださいました。」


二重まぶた症例写真4
二重まぶた(切開法)・目頭切開(23歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「目頭の皮膚(蒙古ひだ)が多いために、目が離れて見えて、幼い感じがします。ぱっちりとした並行型の二重まぶたと同時に目頭切開を希望しました。目頭切開はデザインが重要で縫合も細かい難しい手術です。実績のある専門医にお任せしましょう。」


二重まぶた症例写真10
二重まぶた(切開法)・目頭切開(30歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「二重まぶたと同時に、目と目の間が離れているのを治して華やかな感じになりたいと希望されました。目頭切開を行う場合は、二重まぶたと同時に手術した方が、全体のバランスを合わせやすいので、しかも埋没法よりも確実な切開法で行うことをお薦めいたします。丁寧なデザインと緻密な手術で、術後結果にはご本人もとても満足されています。」


二重まぶた症例写真5
二重まぶた(切開法)・目頭切開・眼瞼下垂(28歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「眠そうな印象のまぶたは眼瞼下垂が原因です。ご本人の希望で切開法と目頭切開を選択しましたがそれだけでは不十分で、それに加えて挙筋前転術を行うことで、ぱっちりと目が開いた幅の広いきれいな二重まぶたになりました。」



眼瞼下垂(両側)(61歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「左側の眼瞼下垂の程度が強く、そのため左の眉が代償性に持ち上がっています。一見すると右側は正常のようにも見えますが、両側ともにきちんと挙筋腱膜前転手術を行うと、とてもきれいに左右が整ったことがわかります。」



眼瞼下垂(両側)(58歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 工藤先生
Dr.コメント 「眼瞼下垂の原因は、アトピーや花粉症などでまぶたをこする癖によるもの、ハードコンタクトを長期間の使用による習慣性、加齢によるものなどがあげられます。治療は、まぶたを持ち上げる上眼瞼挙筋腱膜を短縮することで開瞼する機能を改善させます。ちょうど、伸びきってしまったゴムを短く縫い縮めることで張力を強くするイメージです。この手術の難しさは以下の点です。「開きすぎてしまってもおかしい」、「左右対称に合わせるのが難しい」「皮膚の余りなどの個人差の調整」などです。まぶたは顔の重要な部分であり、機能だけでなく、美容の面でも満足いく結果が求められます。個々の患者さんの状態を把握して、デザインを行うことが重要です。」



眼瞼下垂(左)(25歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「軽度ですが先天性眼瞼下垂です。ご本人は認識がなく、右に比べて少し眠そうな目というくらいでもし治せるのであれば、くらいに考えていたそうですが、眼瞼下垂を指摘して差し上げると治療を希望されました。挙筋前転術できれいにすることができました。」


二重まぶた症例写真6
眼瞼下垂(右)(21歳・男性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「眼瞼下垂は上まぶた十分に開いていない状態を言いますが、治療は弱い筋肉を糸で縛ってあげることでまぶたを持ち上げやすくしたり、伸びきった筋肉を短く縫い縮めたりします。 また、埋没法では眼瞼下垂は治せません。この患者さんは20代の眼瞼下垂(右のみ)で生れつきであったそうですが、きれいに治すことができました。」


二重まぶた症例写真7
眼瞼下垂(右)(19歳・男性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「やはり生れつきの右側の眼瞼下垂ですが、幼い頃に一度、公立病院で手術受け、これ以上は無理だと言われたそうです。挙筋機能は十分ありと診断し、挙筋短縮法でここまで改善しました。ご本人は勿論、ご両親にも大変感謝されました。」


二重まぶた症例写真8
上まぶたのたるみ取りと目を大きく見せる手術 (38歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「ご本人いわく生まれつき垂れ目のようだったのですが、最近その程度が強くなってきたと言います。確かに目尻が下がった形で、さらに年齢的にたるみの要素が加わってきていました。切開法でたるみをとり、二重のラインを作る際に眼瞼挙筋を前転して目を大きく見せることで、パッチリさせることができました。」


二重まぶた症例写真9
目を大きく見せる手術 (24歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「眼瞼下垂手術の応用で、一重や幅の狭い二重の人のまぶたを大きくすることができます。まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)を短縮、前転して筋肉の力を強くすることで、まぶたを持ち上げやすくして目が大きく開くようになります。手術には高い技術が必要なのと、目を大きく見せる程度の調整が難しいので、経験の多い専門医にお願いしてください。この方は二重の幅を変えずに目を大きく見せたいとのことで、この手術を行いました。ご覧のとおり、二重まぶたの幅が変わらなくても、印象はずいぶんと変わりました。」


◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


▲ その他の目の手術  TOP  
タウン形成クリニックコピーライト