輪郭形成

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。
輪郭形成
▼輪郭形成の症例写真・画像はこちら
輪郭形成

【輪郭形成】

■ 前額形成術(額(ひたい)を前に出す、シリコンプロテーゼ)

額(ひたい)が小さい場合は、前に出すことで顔の輪郭を整えます。髪の毛の中からの切開でシリコン・プロテーゼを挿入します。


【Before】 【After】
●前額形成術(額(ひたい)プロテーゼ)
  • ・日帰り手術
  • ・局所麻酔+鎮静麻酔併用
  • ・時間 45〜60分
  • ・抜糸 7日
  • ・通院1〜2回
  • ・術後の腫れ  7〜10日
  • ・シャワー当日より可

■ こめかみ形成術(こめかみのくぼみを治す、シリコンプロテーゼ)

こめかみがくぼんでいると、痩せこけてしまったように老けた印象が強くなります。 髪の毛の中からの切開でシリコン・プロテーゼを挿入します。


【Before】 【After】
●こめかみ形成術(こめかみプロテーゼ)
  • ・日帰り手術
  • ・局所麻酔+鎮静麻酔併用
  • ・時間 45〜60分
  • ・抜糸 7日
  • ・通院1〜2回
  • ・術後の腫れ  7〜10日
  • ・シャワー当日より可

■ おとがい形成術(あご削り、シリコンプロテーゼ)

あごの骨が前に出ている場合は口の中から、矯正歯科的に噛み合わせなども十分考慮して骨を削ります。 逆に小さいあごの場合はシリコン・プロテーゼで補うことで形を整えます。


【Before】 【After】
あごの出ている部分を削り、形をすっきりさせます。
●おとがい形成術(あご削り)
  • ・日帰り手術
  • ・局所麻酔+鎮静麻酔併用
  • ・時間 45〜60分
  • ・抜糸 7日
  • ・通院1〜2回
  • ・術後の腫れ  7〜10日
  • ・シャワー、洗髪 当日より可
【Before】 【After】
あごの足りない部分にプロテーゼを補います。
●おとがい形成術
(シリコン・プロテーゼ)
  • ・日帰り手術
  • ・局所麻酔+鎮静麻酔併用
  • ・時間 45〜60分
  • ・抜糸 7日
  • ・通院1〜2回
  • ・術後の腫れ  5〜7日
  • ・シャワー、洗髪 当日より可

■ 下顎骨形成術(えら削り)

えらの骨を削る手術を下顎骨形成術といいます。ただ単に骨を切り落すのではなく、 きれいにカーブを描くように骨を削って整えることで自然な輪郭になります(ASO法が最も多く用いられます)。


【Before】 【After】
えらの出ている部分をバランスよく削り、形をすっきりさせます。
口の中から行う場合と外から行う場合があります。
●下顎骨形成術(えら削り)
  • ・日帰り手術
  • ・全身麻酔または局所麻酔+鎮静麻酔併用
  • ・時間 90〜120分
  • ・抜糸 7日
  • ・通院1〜2回
  • ・術後の腫れ  10〜14日
  • ・シャワー、洗髪 当日より可

■ 頬骨形成術(ほほ削り)

頬の骨は前もしくは横にせり出している場合、 そして両方ともせり出している場合があります。 こめかみの髪の生え際もしくは口の中からの手術で骨を削って整えます。


【Before】 【After】
頬の出ている部分をバランスよく削り、顔をすっきり細くさせます。
こめかみの髪の生え際もしくは口の中から行う場合があります。
●下顎骨形成術(ほほ削り)
  • ・日帰り手術
  • ・全身麻酔または局所麻酔+鎮静麻酔併用
  • ・時間 90〜120分
  • ・抜糸 7日
  • ・通院1〜2回
  • ・術後の腫れ  10〜14日
  • ・シャワー当日より可 洗髪は生え際の切開の場合は抜糸後(ドライシャンプーなら翌日より可)

※輪郭の形成手術は一般的に全身麻酔で行うことが多いのですが、入院の必要性、身体への麻酔の負担も考慮し、 局所麻酔と鎮静麻酔のみで行う場合もあります。その場合でも術中の痛みを十分に除くことができ、 帰宅も早くなるなどの利点があります。くわしくは担当医にご相談ください。

※他院による輪郭形成の修正術、再手術もお気軽にご相談下さい。

▲ 輪郭形成 TOP  

◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


【Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A】 

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(輪郭形成)はこちらへ


【当院における輪郭形成術の流れ】

お電話・メールでのご予約

学会認定専門医とのカウンセリング

お申込・治療(内容によりカウンセリング当日治療が可能)

治療時間、抜糸、アフターケアなどについてはこちらへ



輪郭形成の症例写真

【輪郭形成の症例写真・画像 〜学会認定専門医Dr石原による症例〜】


下顎形成術・エラ削り(38歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「角張ったエラは、男性ならたくましく見えますが、女性にとってはコンプレックスになることが多いようです。輪郭形成手術は経験豊富な専門医であれば、安全かつ確実に結果を出すことができます。」


輪郭形成症例写真1
下顎形成術・エラ削り(25歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「輪郭形成は骨を削ったり、移動させたりするので、美容外科手術の中でも最も高度な技術が要求されます。そのなかでもエラを削る下顎形成術は、骨をいかに削るかではなく、いかに残すか、といわれるほど微妙なデザイン、技術を要します。 」


輪郭形成症例写真3
下顎形成術・エラ削り(31歳・男性)症例写真・画像
Dr.コメント 「エラが大きい方には下顎骨が大きいだけでなく、咬む筋肉が発達しているタイプがあって、この方もそれに当たります。下顎形成の手術ですっきりした輪郭になりました。脆弱になって衝撃などで骨折しやすくなってはいけないので、骨を削りすぎないこともとても重要です。さらに筋肉の発達している部位にボトックス注射を追加するとより効果的です。」


輪郭形成症例写真5
おとがい形成術(アゴ削り)(22歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「あごの下(おとがい)部分が下方向に長いのを気にされていました。下顎骨の厚みや長さをレントゲン写真で確認すれば、安全にどのくらい削ることができるのかが分かります。また、たくさん削れるとしても、余った皮膚がたるんでしまってはいけません。総合的に判断して安全な範囲でおとがい部分を約8mm削りました。効果は十分だと思います。」


輪郭形成症例写真2
あごプロテーゼ+脂肪吸引(34歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「シャープなフェイスラインを出すために口の中から行うシリコンプロテーゼ挿入とともに、 あごの下の脂肪を吸引しました。知的な印象を与えるきれいな顔立ちになりました。」



◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


▲ 輪郭形成 TOP  
タウン形成クリニックコピーライト