傷跡・ケロイド除去

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。
傷跡・ケロイド除去
▼傷跡・ケロイド除去の症例写真・画像はこちら
傷跡・ケロイド除去に様々な治療法から選択

傷跡・ケロイド除去に様々な治療法から選択

【傷跡・ケロイド除去に様々な治療法から選択】

交通事故、ケガや手術後の傷跡をきれいに治すのが最新の形成外科の技術です。
あきらめずに日本美容外科学会や形成外科学会の認定専門医の先生方にご相談ください。

傷跡除去には、比較的新しい傷跡であれば、特殊な保護テープやシリコンシートなどを用いて保存的に治していく方法、しみのような色素沈着が主体であればビタミンC、漂白軟膏やレーザーなどを使用する方法、また、手術を用いてきれいに形成する方法などを、学会認定専門医が診断とアドバイスをいたします。

ケロイドは赤く盛り上がっているだけでなくかゆみや痛みを伴うことがあります。
一般的には圧迫療法が第一選択ですが、これは予防的にはいいのですが、出来上がってしまったケロイドには効果が乏しく、抗アレルギー薬の服用なども大きな期待はできません。
経験豊富な専門医のもとでステロイド局所注射、手術などから選択します。


■ 傷跡除去手術

●傷跡除去手術

・局所麻酔
・時間 30〜60分(手術内容による)

・抜糸 7〜10日(手術内容による)
・通院1〜2回
・シャワー、洗髪傷を濡らさなければ
当日より可

▼傷跡除去手術の1例

【Before】

【After】
太くて目立つ傷跡をW型やZ型などでデザインして縫合することで、目立たなくすることが形成外科の技術です。


■ ケロイド治療

ケロイド治療
●ケロイド除去ステロイド注射

・時間 1〜2分(治療範囲による)
・1か月に1回、2〜3回程度で改善する
・補助的にテープによる圧迫療法を行う
・ステロイドはごく少量のため、全身に対する影響は心配
いりません


●ケロイド除去手術

・局所麻酔
・時間 15〜30分(手術内容による)
・抜糸 7〜10日(手術内容による)
・通院 1〜2回
・シャワー、洗髪 傷を濡らさなければ当日より可
・補助的にテープによる圧迫療法を行う

※他院による傷跡、ケロイドの修正術、再手術もお気軽にご相談下さい。

▲ 傷跡・刺青(タトゥー)・ケロイド除去  TOP  

【Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A】 

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(傷痕・ケロイド除去)はこちらへ



当院における傷跡・ケロイド除去の流れ

【当院における傷痕・ケロイド除去の流れ】

お電話・メールでのご予約

学会認定専門医とのカウンセリング

お申込・治療(カウンセリング当日治療が可能)

治療時間、アフターケアなどについてはこちら




傷跡・ケロイド除去の症例写真〜学会認定専門医Dr.石原、Dr上、Dr工藤による症例〜


【傷跡・ケロイドの症例写真・画像 〜学会認定専門医Dr石原、Dr上、Dr工藤による症例〜】

傷跡・刺青(タトゥー)・ケロイド除去症例写真1
上くちびる傷跡形成(54歳・女性)症例写真・画像 担当医 石原先生
Dr.コメント 「幼少時よりあるくちびるの傷跡ですが、 年齢を重ねるとともにしわのように深くなってきたため形成を希望されました。口のまわりは形態的バランスも考慮しなければなりません。とてもうまくいったと思います」

傷跡・刺青(タトゥー)・ケロイド除去症例写真2
鼻孔縁の傷跡形成(52歳・女性)症例写真・画像 担当医 上先生
Dr.コメント 「幼少期の怪我のあとです。縫わないで、そのまま傷を治したそうです。鼻先の軟骨までが断裂して、鼻孔縁が段違いになっていました。傷跡を切り取り、Zに切れ目を追加して、食い込み部分を伸ばしました。とてもきれいに修正できました。」
傷跡・刺青(タトゥー)・ケロイド除去症例写真3
左頬傷跡形成(17歳・女性)症例写真・画像 担当医 工藤先生
Dr.コメント 「左頬部にほぼ直線状の深い瘢痕があります。手術にはW形成術という方法を用います。W形成術というのは、傷跡を含めてあえてジグザグに切開・縫合を行う方法です。手術直前の実際のデザインと手術後6ヶ月の写真をお見せします。この方法では傷跡をジグザグにすることで光の反射も手伝い、人の目に錯覚を起こします。その結果、傷跡がほとんど分からなくなるのです。この手術で大切なことは術前の正確なデザインと丁寧な縫合の技術です。」
▲ 傷跡・ケロイド除去 TOP  
タウン形成クリニックコピーライト