豊胸他院修正術

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。

line


無料カウンセリング相談会 無料カウンセリング相談会 豊胸他院修正術
▼豊胸他院修正術の症例写真・画像はこちら





【はるばる海外の患者様もご来院されています】


当院には国内はもとより海外の美容外科で豊胸を受けられた後、変形、被膜拘縮、失敗、後遺症などのさまざまな問題を抱えて相談に来る方たちが後を絶ちません。
比率はおよそ国内8:海外2(中国、韓国、アメリカ、ロシア、ブラジルなど)です。

Dr.石原は国際学会での豊胸術についての発表が多いこと、当院が日本美容外科学会および日本形成外科学会の認定専門医の先生方の充実したクリニックならではの豊胸術の技術の評判を聞いて、海外のドクターが直接ご相談していただいたり、患者さん自らご連絡されて、はるばる来院されます。

Dr.石原をはじめとして学会専門医の先生方が一丸となって、心から悩まれている不幸な患者さんのために、そのような豊胸の他院変形、被膜拘縮、失敗、後遺症、シリコン抜去などの修正術、再手術、被膜拘縮解除術、入れ替え手術を行っております。

ホームページよりもさらに症例も多く、詳細を解説しています
石原先生の他院修正手術に関するブログはこちら
◆無料カウンセリング実施中
豊胸術カウンセリング予約はコチラ
豊胸手術後のトラブルの例

【豊胸手術後のトラブルの例】


■ 被膜拘縮
シリコンバッグの周りに固い膜ができてしまいます。
触った時の固さとお椀形のような不自然な見た目が問題になります。
不十分な剥離操作によるものが原因の一つですが、手術中や術後の出血、
感染なども被膜拘縮を起こします。
手術に問題がなくても起きる原因不明の被膜拘縮ということもあります。
豊胸術・被膜拘縮
■ 位置異常
本来あるべき乳腺の位置の中心とずれてシリコンバッグがあります。このイラストでは、シリコンが上方に位置しているために乳頭部分が下に追いやられており、明らかに不自然な形です。
特に両側に同時に起きている場合は不十分な剥離操作(スペース作り)ができていないことによるものが最も多い原因です。被膜拘縮と同時に起きていることも少なくありません。
豊胸術・位置異常
■ サイズ異常
シリコンインプラントのサイズが身体のバランスと合わない場合で、小さいよりも大きすぎる方が見た目や感触の問題になります。
術後の希望のサイズに関して、医師と患者が術前に十分に意思の疎通ができていないと起こってしまいます。 このイラストでは大きすぎるシリコンが挿入されています。
豊胸術・サイズ異常
■ インプラント破損・漏出
シリコンインプラントの古いタイプの品質が悪いものであったり、手術中の操作もしくは術後経過中の予測外の衝撃などで、インプラントが破損、漏出することがまれにあります。
現在多く使用されているコヒーシブシリコンでは、仮に破損があっても中身が漏出することはまずありません。
豊胸術・インプラント破損・漏出
■ 感染
豊胸手術後、比較的早い時期に感染を起こした場合は手術中に何らかの原因があったことが考えられます。
また、術後数カ月もしくは数年たってから、皮膚上のほんの小さな傷や乳頭の先から逆行性に細菌が入り込んで感染を起こすこともごくまれに見られます。感染は被膜拘縮の原因にもなります。
豊胸術・感染
■ 感覚麻痺
豊胸手術中の剥離操作の影響で、術後に乳頭付近の感覚が鈍くなることがありますが、ほとんどは手術後の数カ月以内で自然と回復します。
1年以上にわたって感覚が鈍い、戻らない場合は神経そのものを損傷している可能性があり、自然回復は難しいでしょう。
豊胸術・感覚麻痺
他院での豊胸手術後のトラブルで法的にお悩みの方へ(くわしくはこちら)


●他院での豊胸手術後のトラブルで法的にお悩みの方へ
当院ではDr.石原が他院での豊胸手術後のさまざまなトラブルについての相談をいつでも受け付けておりますが、さらにどうしても法的な専門家に相談したいという方に、豊胸術などの医療問題に詳しい弁護士をご紹介することもできます。
Dr.石原のカウンセリング後に、医療専門カウンセラーが窓口になっていろいろとご相談に応じます。ご予約の際にお気軽におっしゃって下さい。


他院での豊胸手術後のトラブルで法的にお悩みの方へ



【Dr.石原による豊胸他院修正術のカウンセリング】

カウンセリング予約
他院での豊胸手術後のトラブルでお悩みの場合は、必ずDr.石原がカウンセリングを行います。電話やメールでのご予約の際に、Dr.石原の指名でとおっしゃってください。
カウンセリングの実際
カウンセリングでは他院での豊胸手術の時期、方法、インプラントの種類などをお聞きしますが、不確かな場合はかまいませんので、わかる範囲でお話ししてみてください。そのうえで、Dr.石原が悩みの内容をじっくりお聞きしたうえで、診察をいたします。 看護師、女性スタッフも同席いたしますので、ご安心して診察をお受けになれます。
豊胸修正手術などの提案
豊胸修正に当たっての最適な解決法が、手術なのか、もしくは別の方法があるかを判断します。修正手術が必要の場合は、どの時期で、どのような方法で行うか、そして手術によってどのように修正が可能なのかを、 これまでの多くの症例写真や資料をお見せしながら説明いたします。 仮に修正が困難であったり、修正できることが限られてしまうなどの場合も、Dr.石原がきちんと納得いただけるようにご説明いたします。
豊胸修正手術の決定
豊胸の修正手術をお受けになるかは当日お決めになる必要はありませんので、じっくりお考えになってから後日ご連絡ください。ご希望であれば再度、Dr.石原とのカウンセリングをお取りすることもできますので、納得がいくまでお話をしてみてください。豊胸の修正手術は豊富な経験と高度な技術が必要です。
当院では、必ず理事長のDr.石原が他院豊胸修正術を行います。
コラムバナー


【Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A】 

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(豊胸他院修正術)はこちらへ


豊胸他院修正術についての実績
line

【日本美容外科学会認定専門医のDr.石原の豊胸他院修正術についての実績】

■ 主な学会発表(日本美容外科学会)
「当院で行っている豊胸術後修正術〜被膜解除とインプラント入れ替え〜」
「ティッシュエキスパンダーを用いた他院豊胸術後修正術の1例」

■ 主な学会発表(日本形成外科学会)

「豊胸術後の修正希望242例の当院の経験〜手術適応と手術方針〜」

■ 主な医学論文(日本美容外科学会)
「ティッシュエキスパンダーを用いた他院豊胸術後修正術の経験」(共同著者・論文指導)


Dr石原による執筆指導の医学論文「ティッシュエキスパンダーを用いた他院豊胸術後修正術の経験」
line

【Dr.石原による執筆指導の医学論文「ティッシュエキスパンダーを用いた他院豊胸術後修正術の経験」 】

美容外科を専門とする多くの医師たち向けの専門学会誌に医学論文が採用、掲載される事はきわめて少なく、その診療実績と研究の内容レベルの高さを十分に認められた確固たる証明になります。

「現在の美容外科での豊胸術ではシリコンインプラントによるものが主流であるが、感染や異物反応、被膜拘縮、変形などの合併症を引き起こす可能性がある。乳癌術後にティッシュエキスパンダーを用いて再建した文献は多くあるが、整容的な豊胸が目的でのシリコンインプラントによる豊胸術後に感染を起こし乳房変形を来たした症例への再手術の際の使用に関しては文献が見られない。今回我々はシリコンインプラント挿入後に感染を起こし変形した乳房の再豊胸術にティッシュエキスパンダーを用い良好な結果を得たので報告する。また、ティッシュエキスパンダーを用いずに再挿入した症例も併せて比較検討した。」
(日本美容外科学会誌 第49巻 第3号 2014年1月より抜粋)



豊胸他院修正術の症例写真

【豊胸他院修正術の症例写真・画像 〜学会認定専門医Dr石原による症例〜】


症例1 他院豊胸術後(29歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
胸が硬い、形が丸い
修正手術にあたってのご希望:
自然な形にしてできれば柔らかくしたい
豊胸他院修正術症例写真1

他院豊胸術後(29歳・女性)症例写真・画像 修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「明らかに強い被膜拘縮ではないのですが、形はまん丸く、柔らかさも十分とは言えません。 手術を受けたクリニックでは問題ないと言われてしまったので、数年間、悩まれていたそうです。
再手術では、スペースを広めに剥離しなおすと同時に、アメリカ製某社のシリコンで決して悪いものではありませんでしたが、私が最も信頼しているフランスEUROSILICONE社のスーパー・ソフトコヒーシブ・シリコンに入れ替えました。被膜拘縮は改善され、見た目も触り心地も自然で、シリコンが入っていることも忘れそうなくらいと喜びの声をいただきました。 」


症例2 他院豊胸術後(28歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
胸がとても硬い、形が丸い
修正手術にあたってのご希望:
自然な柔らかさにしたい、出来れば少し小さくしたい
豊胸他院修正術症例写真1

他院豊胸術後(28歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「見た目に丸い感じが明らかです。実際に触ってみると固さもあって、被膜拘縮の不自然なバストになってしまっています。被膜拘縮の原因はいくつかあると思いますが、体型の割にバッグが大きすぎるのではないですかとお聞きしたところ、手術前のカウンセリングで、せっかく豊胸手術をするのだからなるべく大きくしたいとDrに話したそうです。手術は全身麻酔だったので知らないうちに終わってよかったとおっしゃっていましたが、後からご自分でバストを見ると少し大きすぎたと感じたそうです。
修正手術では、まず他院でのバッグを取り出しました。ご本人はその容量もご存じなかったようで、220mlのシリコンが入っていました。その後、被膜をこわしてきちんとした広いスペースを作り、術中に目が覚めている硬膜外麻酔で何度も形や大きさを確認してもらい、最終的にはひとまわり小さい180mlのバッグになりました。術後3か月の写真ですが、被膜拘縮はなく、形、柔らかさ、大きさともに大変満足されています。


症例3 他院豊胸術後(31歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
胸が硬い、左右がいびつ
修正手術にあたってのご希望:
柔らかく自然にしたい、左右差をなくしたい

他院豊胸術後(31歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  被膜拘縮を起こしているために、左右非対称でいびつな形になっていて固さもあります。他院で受けられた手術では、乳輪の周囲下半分を切開されていますが傷跡はどうでしょうか。やはりそれなりに目立ってしまっています。私は豊胸手術でどのようなケースであれ、脇の下の切開を原則としています。難易度の高い修正手術でも同様です。この方は、他院で受けられたシリコンを取り出し、ほぼ同じサイズの160mlのスーパーソフトタイプのコヒーシブシリコンに入れ替えました。本来のバストは左側がやや大きいため、若干の左右差は見られますが、手術中にご本人に鏡でご確認していただいて、あえて右を大きくしないという選択をされました。形、サイズ、柔らかともに、見違えるほどの良い結果になりました。」


症例4 他院豊胸術後(64歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
豊胸術を受けた胸が小さくなってきた、形がいびつになってきた
修正手術にあたってのご希望:
もう一度きれいな胸にしたい

他院豊胸術後(64歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「20年前に他院で豊胸手術を受けた方で、インプラントの種類はくわしくは覚えていらっしゃらないとのことですが、生理食塩水ではなくシリコンだということです。約10年前よりだんだん小さくなってきたということで内容物の漏れ出しを疑いました。本来ならインプラントの漏れ出しが起こっている場合は、取り出しのみの手術として、同時に新しいインプラントを入れることはしないのですが、ご本人の強い希望があり、同時に入れ替え手術を計画しました。ただし、漏れ出ているインプラント内容物が少しでも感染していたり、おかしく変色していたりすれば、そのような状態で新しいシリコンを入れることはできないことを十分にご説明差し上げたうえで手術を行いました。取り出したインプラントはSILTECという旧式のシリコンで、両側とも中身が漏れ出していましたが、幸いに感染の兆候もなく、被膜内にとどまっていて、十分きれいに洗浄できたため、私が安全性で最も信頼しているEurosilicone社のソフトコヒーシブシリコン160mlに入れ替えました。術後は形も軟らかさもとても自然です。」


症例5 他院豊胸術後(30歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
シリコンの位置がおかしい、胸が硬い
修正手術にあたってのご希望:
柔らかくしたい、さらに少し大きくしたい

他院豊胸術後(30歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「1年前に他院で豊胸手術を受けた方で、大胸筋下に300mlを入れてもらったそうです。シリコンが上方向に追いやられているような形の位置異常と、強い被膜拘縮が見られます。このような位置異常は、剥離によるスペース作成が十分にできていなかったことによるものと考えられ、手術手技そのものの問題や手術中の確認に落ち度があったと考えられます。ご本人は300ml以上の大きさにこだわられていたので、私の修正手術では、まず他院でのシリコンを取り出し、手術中に鏡で大きさと動きをご本人に直接確認していただき、無理のない大きさと判断したうえで、325mlのコヒーシブシリコンを乳腺下に挿入しました。軟らかさ、位置、形ともにとても自然で満足していただきました。」


症例6 他院豊胸術後(33歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
シリコンが上にあって位置がおかしい
修正手術にあたってのご希望:
自然な形にしたい
豊胸他院修正術症例写真4

他院豊胸術後(33歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「写真で一見すると、術前のどこがおかしいのかわかりにくいかも知れませんが、 両側ともバッグが本来あるべき位置から上方にあってその下にバストがあるという二段の状態になっています。 もしずれているのがどちらか一方であれば、手術後早期に何らかの原因で移動してしまったとも考えられますが、 両側とも同じような場所にあるということは、手術時の挿入の仕方に問題があったのです。 乳腺下、大胸筋下どちらであっても、バッグを入れるためのスペースを剥離する際に、手術は身体が寝た状態で行っても、 必ず立った状態を想定して行わないとこのようなことが起こりえます。 そのために私どもは術中にベッドを起こして患者さんにバッグの大きさや形を見てもらうのですが、 同時に位置がきちんとしているかもチェックするという大きな理由があるのです。再度の剥離手術はやや難しく、 思わぬ術中の出血や形の変形を起こしかねませんので、必ず実績のある専門医におまかせください。 この方は、バッグの位置を正確に整え、被膜拘縮も若干あったためそれを解除して、形、柔らかさともに問題なく修正しました。」


症例7 他院豊胸術後(31歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
シリコンの位置がおかしい、胸が固い
修正手術にあたってのご希望:
自然な形にして柔らかさも出したい

他院豊胸術後(31歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「この患者さんもシリコンバッグが本来あるべき位置から上にずれていました。術前の写真を見るとバストの盛り上がりが上にあり、乳輪、乳首を含めた皮膚が下に追いやられているようになっています。被膜拘縮の固さもあってとても不自然です。術中に十分なスペース作りが出来ていない例です。修正手術の際の下方へのスペース作り(剥離操作)は慎重に行わないとかえって強い変形をきたすこともあります。確実な手術の腕が問われます。どうでしょうか。我ながら自慢の術後結果で、当然患者さんにも大変感謝されました。」


症例8 他院豊胸術後(35歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
胸が固い、形がおかしい
修正手術にあたってのご希望:
自然な形と柔らかさで今よりなるべく大きくしたい
豊胸他院修正術症例写真2

他院豊胸術後(35歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント 「シリコンバッグがやや上にずれており、とても窮屈な印象を与えます。被膜拘縮もあり、触り心地もよくありません。手術の際の剥離不足が原因だと思われます。修正手術希望の際に、サイズをさらに大きくしたいとのことでした。そのために被膜拘縮を解除後、周囲を広めに丁寧に十分に剥離し、硬膜外麻酔下において鏡でチェックしていただきながら、180mlのシリコンを280mlに入れ替えました。柔らかさ、形、大きさともにとても満足されました。」


症例9 他院豊胸術後(34歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
胸の大きさに左右差がある、位置がずれている
修正手術にあたってのご希望:
大きさも位置も左右差を合わせたい
豊胸他院修正術症例写真4

他院豊胸術後(34歳・女性)症例写真・画像 修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「もともとのバストは左が少し大きかったので、他院の豊胸術で同じ大きさのシリコンを入れてもらったそうですが、左右差がかえって目立つようになり、しかも左側のシリコンの位置が上にずれています。触り心地は柔らかく、被膜拘縮はありません。左右差をなくし、さらに少し大きくしたいとのことでしたので、私の修正手術では、左右差を合わせるために違うサイズのシリコンを手術中に鏡で確認していただきながら決めました。当然、左右の位置のずれもきれいに整えました。こう書くと簡単そうに思えますが、慎重な術前の評価、手術方法やシリコンの選択と、当然ですがそれを確実に行える確かな技術が必要だと思います。」


症例10 他院豊胸術後(34歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
左の胸の形が異常、胸が固い、右のシリコンが上にある
修正手術にあたってのご希望:
とにかく自然な胸に戻したい
豊胸他院修正術症例写真2

他院豊胸術後(34歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「いったい何が起こったのでしょう?どうしてこのような悲惨な結果に?1年前に盛岡市内の美容外科クリニックで豊胸術を受け、 その後、形が悪いと言うことで同じクリニックで再度手術を受けたところ、写真のようなバストになってしまったとのことです。 左は本来バストがあるべき場所を大きく超えて下に位置しています。右についてはむしろ少し上の位置にあるとともに被膜拘縮による 固さもあります。患者さんが大学病院、総合病院の形成外科にご相談されたところ、ひとつの病院では無理だからとやんわりと断られ、 もうひとつではシリコンを取れば元に戻るからと簡単に言われたそうです。本当にそうでしょうか?私の見立てでは、 シリコンは本来入れるべき層とは別な異常なポケットに入り込んでいると思いました。 乳腺組織というのはその位置を保つために大胸筋とつながっているとともに、 バストの下縁は丸みのあるラインを出すためにここにもしっかりとした支持組織があるのですが、 これらが壊されてしまっているのでしょう。 仮にシリコンを単に取り出しても残された皮膚の形態はくずれてしまうであろう(そのようなケースを何例か見ています)、 それならば何とかしてシリコンを正常な位置に戻してあげることのほうが結果がいいのではないかと考えました。
手術は非常に難しいと感じましたが、うまく正常にほぼ近い位置に戻すことができました。右も位置を少し下へ移動させ、 被膜拘縮を解除させることできれいなバストに戻せました。 ここ最近でも最も難しい症例の一つでしたが、患者さんに大変感謝され、正直なところ、私もほっとしているところです。」


症例11 他院豊胸術後(43歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
胸が固くて形が異常
修正手術にあたってのご希望:
少しでも自然な形に直したい
豊胸他院修正術症例写真3

他院豊胸術後(43歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「とてもじゃないけど人前に見せられないということで温泉にも行けず、 薄着だと形の悪さがわかってしまうとのことで、涙の訴え、すがる思いで当院にいらっしゃいました。 被膜拘縮と変形が明らかです。 原因はインプラント・バッグを入れるスペースを作るための剥離の範囲がきわめて狭いのです。
しかも豊胸手術のアプローチ法として乳房下部に切開してあります。腋の下の傷では到底無理なインプラントの大きさを希望する場合(めったにいませんが)、それも白人のように傷が目立ちにくい(ケロイドになりにくい)場合でないとこのようなアプローチの仕方はしません。ましてや乳房下縁ではなく、離れたところの傷ですから、どうしても目立ってしまいます。
変形したインプラントを腋の下からのアプローチで取り出しました。切開は4センチ程度です。目立つことはないでしょう。入っていたインプラントは中心にシリコンジェル、その周囲に生理食塩水が入るタイプの二重構造のバッグでした。
仮に漏れても安全、とうたっているバッグで、素材そのものは悪いものではありませんが、とにかく手術の技術がお粗末では意味がありません。再手術ということもあり、慎重にかつ十分に剥離しスペ−スを作り、ソフトコヒーシブ・シリコンを挿入しました。術後、形も触り心地も見違えるようになり、ご本人にも大変感謝されました。」


豊胸他院修正術の症例写真・画像(他院シリコン抜去) ~学会認定専門医 Dr石原による症例~

【豊胸他院修正術の症例写真・画像(他院シリコン抜去) ~学会認定専門医 Dr石原による症例~】

症例1 他院豊胸術後シリコン抜去(29歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
形が不自然、シリコンが下の方にある、硬い
修正手術にあたってのご希望:
シリコンを取り出したい
豊胸他院修正術症例写真5

他院豊胸術後シリコン抜去(29歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント 「数年前に他院で受けられた方です。被膜拘縮による硬さと不自然な丸みがあり、シリコンの位置が下方にあります。ご本人は気にしていたにもかかわらず、手術を受けた美容外科クリニックでは、それほど悪い状態ではないので問題ないと言われてしまい、ずっとあきらめていたそうです。入れ替えも提案したのですが、とにかく元に戻せればいいとの強いご希望でした。前回手術時の脇の下の傷を利用して、シリコン抜去術を行いました。当然、全く変形もなく元に戻すことができました。」


症例2 他院豊胸術後シリコン抜去(32歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
シリコンの形がわかってしまう、位置が下の方にある
修正手術にあたってのご希望:
シリコンを取り出したい
豊胸他院修正術症例写真5

他院豊胸術後シリコン抜去(32歳・女性)症例写真・画像  修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「他院での術後3年経っているとのことです。軟らかさはまずまずというところですが、皮膚が薄いためにシリコンの形がはっきりわかってしまっています。シリコンの位置も下方気味です。診察所見ではシリコンの挿入部位が乳腺下であったので、大胸筋下への入れ替え手術も考えられるところでしたが、ご本人は元に戻すことを希望されました。シリコンの抜去手術はただ単に取ってしまえばいいというものでもなく、周囲組織と癒着している場合やシリコンに破損や漏れがあることも、一応念頭に入れたうえで慎重に行わなければなりません。この方は何もトラブルなく無事に終了しました。」


症例3 他院豊胸術後シリコン抜去(63歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
特に不満はないが、将来が不安
修正手術にあたってのご希望:
シリコンを取り出したい

他院豊胸術後シリコン抜去(63歳・女性)症例写真・画像 修正手術担当医 石原先生

Dr.コメント  「他院で手術を受けて20年近く経過しているとのことです。ご本人いわく特に形や軟らかさに不満はないのですが、インプラントの種類がどのようなものが入っているかわからないため、将来に不安があるとのことで、取り出しを希望されました。大きな変形は見られないですが、インプラントが下がり気味に寄っているためにやや不自然な印象があります。インプラントは無事に取り出すことができました。メーカー不明の旧式のシリコンで、内容物が表面に漏れ出して全体に黄色く変色していましたが、漏れ出ていたシリコンを十分に洗浄したため、身体への重大な影響はないと思われます。経過も順調でした。」


美容外科の他院修正専門医 Dr石原の診療とインタビュー ホームページよりもさらに症例も多く、詳細を解説しています
石原先生の他院修正手術に関するブログはこちら
◆無料カウンセリング実施中
豊胸術カウンセリング予約はコチラ
▲ 豊胸他院修正術  TOP  
タウン形成クリニックコピーライト