ドクター紹介

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。

line

ドクター紹介
タウン形成外科の経験豊かなドクターを紹介いたします。


タウン形成外科クリニック総院長 石原信浩先生

【タウン形成外科クリニック総院長 石原信浩 先生】


医療法人きびたき会 理事長
タウン形成外科クリニック  総院長
医学博士 石原  信浩  先生
日本美容外科学会認定専門医
日本形成外科学会正会員
日本美容医療協会会員
サーマクール認定医

■ 平成元年  順天堂大学医学部卒業
■ 平成12年  郡山形成外科クリニック開業  東邦大学形成外科非常勤医
■ 平成14年  盛岡形成外科クリニック開業
■ 平成18年  仙台形成外科クリニック開業
■ 平成19年  タウン形成外科クリニック(名称変更)  総院長就任
■ 平成21年  いわきタウン形成外科クリニック開業
■ 平成22年  表参道タウン形成外科クリニック開業
■ 平成23年  順天堂大学医学部大学院卒業
■ 平成25年  青森タウン形成外科クリニック開業
■ 順天堂大学医学部 病院管理学教室在籍中
■ 第88、93、94、100回日本美容外科学会(東京、韓国など)
第5回東方美容外科学会(韓国ソウル)において座長(チェアマン)を務める。
■ 韓国日報より「誇らしい世界人」HANKOOK ILBO 2013 “The Best World Awards”の
表彰を受けました。 →くわしくはこちら



 ※日本美容外科学会認定専門医証
 主な学会発表(日本美容外科学会)
■ 1997年|「脂肪注入豊胸術におけるリマプロスト誘導体(PGE1)の使用経験」
■ 1998年|「当院における下腿の脂肪吸引106例の経験」
■ 2002年|「上眼瞼陥凹のみられる重瞼手術における工夫」
■ 2007年|「サーマクールおよびメソセラピー併用によるface and body contouring」
■ 2007年|「豊胸の日帰り手術〜全身麻酔と硬膜外麻酔、どちらがふさわしいか?〜」(韓国・ソウルで英語での発表)
■ 2008年|「当院で行っている豊胸術後修正術〜被膜解除とインプラント入れ替え〜」
■ 2012年|「ティッシュエキスパンダーを用いた他院豊胸術後修正術の1例」
「美容外科におけるヒヤリ・ハットとインシデントレポート」
■ 2014年|「術後下眼瞼外反に対する植皮術による修正」
■ 2015年|「漏斗胸患者に対するシリコンインプラントを用いた豊胸術」

 主な学会発表(日本形成外科学会)
■ 2004年|「CGを用いた下腿脂肪吸引におけるBody Contouringの3D的検討」
■ 2007年|「高周波治療器サーマクールとメソセラピー併用の有用性」(北海道・東北支部学術集会)
■ 2011年|「硬膜外麻酔による日帰り豊胸術」(北海道・東北支部学術集会)
■ 2012年|「豊胸術後の修正希望242例の当院の経験〜手術適応と手術方針〜」

 主な学会発表(その他の学会)
■ 2008年|「美容外科オフィスクリニックにおける医療事故防止対策」(日本医療マネジメント学会東北連合会)
■ 2009年|「美容外科クリニックにおけるインシデントレポートの有効性」(日本医療マネジメント学会)
■ 2010年|「美容外科日帰り手術患者への携帯メールサービスについての研究」(日本医療マネジメント学会)

 主な医学論文(日本美容外科学会誌)
■ 1999年|「四肢の脂肪吸引〜Superficial liposucionの併用〜」
■ 2002年|「上眼瞼陥凹の成因と重瞼手術における工夫」
■ 2007年|「サーマクールおよびメソセラピー併用によるface and body contouring」
■ 2008年|「硬膜外麻酔による日帰り豊胸術」
■ 2010年|「美容外科クリニックにおけるインシデントレポートの有効性」
■ 2014年|「ティッシュエキスパンダーを用いた他院豊胸術後修正術の経験」 (共同著者・論文指導)
石原先生の学会活動に関するブログはこちら
石原先生のインタビューはこちら


Dr石原の診療風景を見てみましょう!

【Dr石原の診療風景を見てみましょう!】

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


青森院の様子がわかります。

Adobe Flash Player を取得
盛岡院の様子がわかります。

仙台院の様子がわかります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


郡山・いわき院の様子がわかります。


学会認定専門医による治療

日本美容外科学会認定専門医、日本形成外科学会認定専門医が診療に当たっています。


仙台タウン形成外科クリニック院長
上 茂 (かみ しげる)先生
日本形成外科学会 認定専門医
サーマクール認定医
長崎大学医学部卒業

■ 昭和62年 長崎大学医学部卒業
■ 昭和63年 金沢医科大学形成外科入局
■ 平成04年 福井県立病院形成外科勤務
■ 平成10年 大塚美容形成外科勤務
■ 平成13年 十仁病院勤務
■ 平成18年 京都中央クリニック院長就任、勤務
■ 平成19年 タウン形成外科クリニック勤務
■ 平成23年 仙台タウン形成外科クリニック院長就任

大学病院の形成外科、熱傷皮膚治療センターなどで研修後、美容外科を専攻。
複数の美容外科クリニックで院長を務め、タウン形成外科クリニックに勤務、仙台院の院長となる。

 主な学会発表(日本形成外科学会)
■ 2012年|「豊胸術後の修正希望242例の当院の経験〜手術適応と手術方針〜」(共同演者)

【上先生からのご挨拶】
「私は日本形成外科学会の専門医です。専門は「美容外科医」です。 たいへん症例数の多い、複数の美容外科、美容皮膚科クリニックで経験を積んできました。
患者様のお話を十分にお聞きすることをモットーにし、治療の効果の程度や、リスクとダウンタイムを説明させて頂き、相談の上でその患者様に一番適した方法を見つけていきます。

私が手術をした、モニターの方や私の奥さんの症例写真をたくさんお見せすることができますので、お気軽にご相談にお越しください。」

→上先生の診療ブログはこちら


青森タウン形成外科クリニック院長
医学博士 高橋範夫 先生
日本美容外科学会 認定専門医
日本形成外科学会 認定専門医
日本美容医療協会適正認定医
日本抗加齢医学会認定専門医
埼玉医科大学美容外科講師

■ 平成04年 岐阜大学医学部卒業
■ 平成04年 愛知県一宮市立市民病院研修
■ 平成08年 藤田保健衛生大学病院形成外科勤務
■ 平成14年 東京大学医学部附属病院形成外科勤務
■ 平成21年 埼玉医科大学かわごえクリニック美容外科勤務
■ 平成23年 東京大学大学院医学系研究科外科学専攻(形成外科学)修了
■ 平成26年 タウン形成外科クリニック勤務
■ 平成27年 青森タウン形成外科クリニック院長就任

 主な学会発表(日本美容外科学会)

■ 2007年|「加齢性眼瞼下垂に対し眉毛下切開部より眼輪筋弁を前頭骨膜に固定した術式の検討」
■ 2007年|「加齢性眼瞼下垂に対する持続効果の高い術式の工夫」
■ 2008年|「埼玉医科大学形成外科における眼瞼形成術の長期結果と合併症」
■ 2009年|「Sunken eyelidに対する眼輪筋皮弁固定術」
■ 2010年|「加齢性眼瞼下垂に対する治療戦略」
■ 2011年|「加齢性眼瞼下垂症手術における術中調整とその結果よりの考察」

 主な学会発表(日本形成外科学会)
■ 2005年|「当施設での側頭部リフト(拡大側頭部リフトを含む)の合併症における傾向と対策」
■ 2008年|「ラット腸骨リンパ管における再開通機序及びリンパ内皮細胞の解析」
■ 2012年|「SMAS−upのDMA(Dynamic Muscle Activation)による筋組織への効果と必要性」

 主な学会発表(その他の学会)
■ 2006年|「上眼瞼下垂に対し眉毛下切開、眼輪筋皮弁を併用した術式の検討」(日本頭蓋顎顔面学会総会)
■ 2010年|「加齢性眼瞼下垂に対する術式の検討」(日本抗加齢医学会)
■ 2013年|「SMAS-UP法によるしわ、たるみ治療における作用機序と臨床結果」(日本抗加齢医学会)

 主な医学論文(日本美容外科学会誌)
■ 2000年|「下顎角形成術に対する工夫点」(共著)

 主な医学論文(雑誌 形成外科)
■ 2010年|「加齢性眼瞼下垂症の診断と手術法の選択」
■ 2013年|「脂肪注入による顔面の美容治療—効果と限界—」

 主な医学論文(その他)
■ 2006年|「高倍率双眼ルーペを用いた遊離組織移植術の経験」(日本マイクロサージャリー学会会誌)
■ 2014年|「美容医療の現状と今後の展望」(現代医療鍼灸)

【高橋先生からのご挨拶】
「私は長年、東大や埼玉医大の形成外科、美容外科で臨床、研究、教育に従事してきました。私の専門は美容外科であり、若手の医師の教育にも関わってきました。このような経歴、経験を生かして確かな医療技術に基づいた安心、安全な美容医療を患者様に提供していきたいと考えています。」




盛岡タウン形成外科クリニック院長
工藤勝秀 先生
日本形成外科学会 認定専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科 指導専門医
日本創傷外科学会 専門医

■ 平成14年 大阪医科大学卒業
■ 平成14年 昭和大学形成外科研修・入局
■ 平成19年 太田西ノ内病院形成外科勤務
■ 平成20年 昭和大学横浜市北部病院形成外科勤務
■ 平成21年 鶴岡市立荘内病院形成外科勤務(主任医長)
■ 平成27年 盛岡タウン形成外科クリニック院長就任


 主な学会発表(日本形成外科学会)
■ 2008年|「Beckwith-Wiedemann症候群に伴った耳介変形の治療経験」

 主な学会発表(その他の学会)
■ 2008年|「救命のために早期患肢切断を行った高齢者熱傷の1例」(日本熱傷学会)
■ 2009年|「前頭骨骨腫瘍 術前画像診断について」(日本頭蓋顎顔面外科学会)
■ 2011年|「頸部嚢胞状リンパ管腫の治療経験」(日本頭蓋顎顔面外科学会)
■ 2012年|「Tissue expanderを併用した後頭動脈穿通枝皮弁による頸部熱傷後瘢痕拘縮の治療経験」(日本熱傷学会)

 主な医学論文(日本形成外科学会誌)
■ 2008年|「先天性鼻孔部瘻孔の1例」
■ 2011年|「前胸部悪性線維性組織球腫の1例」
■ 2012年|「True human tailに多発奇形と臀部グロームス腫瘍を合併した1例」

 主な医学論文(その他の学会)
■ 2011年|「胸壁再建を行った悪性末梢神経鞘腫の治療経験」(日本皮膚悪性腫瘍学会誌)

【工藤先生からのご挨拶】
「私は大学卒業後昭和大学形成外科に入局し、専門医取得までの7年間を全国の関連病院で過ごしました。その後公立病院の形成外科で主任医長として6年半勤務して参りました。形成外科医としての13年半の中で経験し、習得した知識・技術を生かし患者様ひとりひとりの悩みと向き合っていきたいと考えています。美容外科受診は患者様にとってハードルが高い部分があるかもしれませんが、皆様にとって身近なかかりつけ医のような存在でありたいと思います。一人で悩まずにどうぞご相談ください。」

→工藤先生の診療ブログはこちら




三好将和 先生
日本美容外科学会正会員
日本形成外科学会正会員
サーマクール認定医
日本医科大学医学部卒業

■ 平成04年 日本医科大学医学部卒業
■ 平成05年 日本医科大学形成外科入局
■ 平成06年 会津中央病院皮膚形成外科勤務
■ 平成11年 佼成病院勤務
■ 平成17年 自由が丘クリニック、エルクリニック勤務
■ 平成23年 タウン形成外科クリニック勤務

【三好先生からのご挨拶】
「私は形成外科医としての経験が長く、大学病院でも美容外科を最も積極的に取り入れている日本医科大学とその系列病院などで修練を積んできました。クオリティーのとても高い美容医療を患者さんに提供したいと思います。お気軽にご相談ください。」

→三好先生の診療ブログはこちら




医学博士 市田祐之 先生
日本美容外科学会 認定専門医
日本形成外科学会 認定専門医
日本臨床皮膚外科学会 認定専門医
日本抗加齢医学会 認定専門医
順天堂大学医学部大学院卒業

■ 平成09年 順天堂大学医学部卒業
■ 平成09年 順天堂大学形成外科形成外科入局
■ 平成14年 加曾利病院形成外科勤務
■ 平成15年 石井病院形成外科勤務
■ 平成19年 順天堂大学医学部大学院卒業
■ 平成22年 順天堂大学医学部形成外科非常勤講師


 主な学会発表(日本形成外科学会)
■ 2005年|「端側神経交叉移植による再神経支配後の二重神経支配メカニズム」
■ 2006年|「遠位端側神経縫合部における二重神経支配のメカニズム〜縫合時期を変えたモデル群の比較検討〜」
■ 2007年|「バルーンカテーテルを用いた頬骨骨折の整復法」(形成外科手術手技研究会)

 主な医学論文(日本形成外科学会誌)
■ 1999年|「刺毒魚エイの刺傷による下腿潰瘍の1例」
■ 2003年|「二つの上口唇小帯をもつ正中部口唇裂の1例」
■ 2007年|「小指による鼻骨骨折整復術」
■ 2009年|「上口唇小帯に着目した、真と偽の正中唇裂の特徴」

 主な医学論文(雑誌 形成外科)
■ 2002年|「先天性鼻孔部瘻孔の1例」
■ 2008年|「バルーンカテーテルを用いた頬骨骨折における頬骨体部の整復法」
■ 2009年|「血腫除去に有用なシリンジ陰圧法の考案」

 主な医学論文(英語論文 J. Craniofac. Surg.)
■ 2002年|「Surgical treatment of aplasia cutis congenita of the scalp associated with bilateral
coronal synostosis」
■ 2008年|「A repositioning technique for nasal fracture using the little finger」

【市田先生からのご挨拶】
「私は大学病院等の形成外科で11年勤め、その後6年間大手美容外科に勤務し都内の主要分院で院長を歴任させて頂きました。大学病院の形成外科では教員の立場でもあり、研修医や学生の指導も仕事です。医師として常に心がけ、また教員として後進に伝えてきた事は、「責任感を持った術者であれ」という事です。
実は、手術は医師にとっても大きなプレッシャーです。プレッシャーを感じる責任感と、それを突き抜ける勇気がなくてはならないと思っています。その勇気と自信は、今までたくさんの患者様の笑顔から頂きました。あなたの笑顔を見るために、私は医師として常に学び、常に前に進み続けます。まだ逢った事のない、大切なあなたの笑顔のために。」




いわきタウン形成外科クリニック院長
森 俊夫 先生
順天堂大学医学部卒業

■ 昭和63年 順天堂大学医学部卒業
■ 昭和63年 順天堂大学附属病院研修
■ 平成02年 越谷市民病院勤務
■ 平成04年 国際親善総合病院勤務
■ 平成07年 医療法人はやしクリニック勤務
■ 平成12年 代々木形成外科クリニック(後のタウン形成外科クリニック)勤務
■ 平成16年 タウン形成外科クリニック勤務
■ 平成28年 いわきタウン形成外科クリニック院長

【森先生からのご挨拶】
「大学時代の後輩である石原先生のお人柄、医師としての経験、知識、技術の高さに敬意を表し、タウン形成外科クリニックを長年お手伝いしてきました。主に美容内科を中心に美容皮膚科まで、幅広く患者さんに寄り添った診療を心掛けております。よろしくお願いいたします。」





■ 経験年数(おおよそ7年以上)と実績を、根拠に基づいて厳しく審査後、承認され、
    専門医取得後も常に臨床実績・研究・学会発表を続けていないと資格は取り消されてしまうほど厳しいものです。
■ 認定専門医は医療機関にではなく、医師個人のみに認めらます。
■ 広告などで「専門医」という言葉を目にしたら、それが学会で正式に認められた権威のある資格なのかを見極めてください。


医療法人とは

医療法人とは、病院・医師が常勤勤務する診療所を開設しようとする社団(財団)が、 医療法の規定によって法人を設立するものです(医療法第39条)。

例えば、個人経営のクリニックなどが会社のように法人として社会的・法律的に法人格をもつことをいいます。
医療提供体制の確保と国民の健康の保持のために定められた制度で、法人化により資本を集めることができ、 医療機関が永続して診療を続けられ、高度な医療体制が充実できるのです。

個人のクリニックが医療法人になるには厳しい条件や審査が必要で、結果として国から認められた医療法人では、 患者さんが安心して治療を受けられ、安定した高い水準の医療を提供できるのです。

美容外科では医療法人を取得しているクリニックはきわめて少なく、その点でも、医療法人のクリニックが美容外科選びのひとつの条件となります。


経営主体

医療法人 きびたき会
理事長・郡山院長:石原 信浩
平成元年3月 順天堂大学医学部卒業
平成12年2月 郡山形成外科クリニック開業

平成19年4月 タウン形成外科クリニック総院長就任
平成23年3月 順天堂大学医学部大学院卒業
詳しい経歴は上記参照



いわき院長:森 俊夫
昭和63年3月 順天堂大学医学部卒業
平成04年1月 国際親善総合病院勤務
平成07年4月 医療法人はやしクリニック勤務
平成12年2月 代々木形成外科クリニック(後のタウン形成外科クリニック)勤務
平成28年6月 いわきタウン形成外科クリニック院長
詳しい経歴は上記参照


仙台院長:上 茂
昭和62年3月 長崎大学医学部卒業
昭和62年4月 金沢医科大学形成外科入局・勤務
平成4年3月  福井県立病院形成外科勤務
平成19年5月 タウン形成外科クリニック勤務
平成23年5月 仙台タウン形成外科クリニック院長
詳しい経歴は上記参照

法人本部
〒963-8002
福島県郡山市駅前2-3-10セントラルビル6階
盛岡院長:工藤 勝秀
平成14年3月 大阪医科大学卒業
平成14年5月 昭和大学形成外科研修・入局
平成19年4月 太田西ノ内病院形成外科勤務
平成21年4月 鶴岡市立荘内病院形成外科勤務
平成27年9月 盛岡タウン形成外科クリニック院長
詳しい経歴は上記参照


青森院長:高橋 範夫
平成4年3月 岐阜大学医学部卒業
平成14年4月 東京大学医学部附属病院形成外科勤務
平成21年4月 埼玉医科大学かわごえクリニック美容外科勤務
平成27年9月 青森タウン形成外科クリニック院長就任
詳しい経歴は上記参照


表参道院長:宮本 千佳子
平成6年3月  東京慈恵会医科大学医学部卒業
平成6年4月  東京慈恵会医科大学一般科勤務
平成17年8月 東急病院勤務
平成22年5月 表参道タウン形成外科クリニック院長


※盛岡形成外科クリニック (現・盛岡タウン形成外科クリニック)
※仙台形成外科クリニック (現・仙台タウン形成外科クリニック)
※郡山形成外科クリニック (現・郡山タウン形成外科クリニック)

▲ ドクター紹介 TOP  
タウン形成クリニックコピーライト