皮膚レーザー治療

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。

皮膚レーザー治療(しみ、ほくろ、いぼ、あざ)

▼皮膚レーザー治療の症例写真・画像はこちら

皮膚レーザー治療(しみ、ほくろ、いぼ、あざ)

【皮膚レーザー治療(しみ、ほくろ、いぼ、あざ)】


当院では、小児からご年配の方まで患者さんのご要望にお応えすべく、数多くの各種レーザー機器を取りそろえております。これによりレーザー専門クリニックに引けを取らない、しみ、ほくろ、いぼ、あざに対する最先端レーザー治療が可能です。お気軽にご相談ください。
なお、しみ、ほくろ、いぼ、あざの場所、大きさ、深さなどによって手術的に治療する場合があります。
治療方針、選択については、経験豊かな学会認定専門医にご相談ください。

※他院によるしみ、ほくろ、いぼ、あざの再発、修正術、再手術もお気軽にご相談下さい。
他院で切開する必要があると言われた場合もまずは当院にご相談ください。



機器紹介

【レーザー機器紹介】

YAG(ヤグ)レーザー
YAG(ヤグ)レーザー
アレキサンドライトレーザー
アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザー
ダイオードレーザー



しみ、ほくろ、いぼ、あざの大きさ、形、性状などによって最適なレーザーを選択します。
他院で切開する必要があると言われた場合でも、当院でレーザー治療できる場合が多くあります。
なお、しみ、ほくろ、いぼ、あざの場所、大きさ、深さなどによって手術的に治療する場合があります。

しみ、ほくろ、いぼ、あざ

■ しみ
しみの主な種類には、老人性色素斑、花弁状色素斑、雀卵斑(そばかす)、肝斑、炎症後の色素沈着などがあります。一口に「しみ」といっても多くの種類があり、治療法がまったく違うことがあります。また、しみのように見えても実際には違う疾患であったりすることもあります。しみの診断を誤って治療を続けると一向に良くならないばかりか、間違った診断による治療がかえってしみを悪くしてしまう場合もあります。加齢によって、ヒトの皮膚にはしみが多少なりともできていきますが、顔にあるすべてのしみが必ずしも同じ種類のものでないことも多く、様々なしみが混在している場合はそれぞれ適切な治療法を選択する必要があります。美容皮膚科、美容外科の専門医に診断してもらいましょう。

■ ほくろ
ほくろの平らなものを一般的に黒子(こくし)と言い、盛り上がっているほくろは色素性母斑(ぼはん)や母斑細胞性母斑と言います。ほくろの数が多かったり、顔の目立つ場所にあったりすると気になる方も少なくありません。また、悪性のほくろには悪性黒色腫があります。通常のほくろが癌になることはまずありませんが、次のような症状が見られるほくろは注意が必要です。①通常のほくろよりも形がいびつ、②色が非常に濃い、③色が周りににじんで見える、④つねにジクジクしている、出血している、などです。ほくろの良性、悪性については専門医の診断を受けましょう。

■ いぼ
いぼと一言で言っても、種類や原因は様々です。美容外科、美容皮膚科で主に治療する代表的なものに、ほくろの色が抜けたような丸いいぼがあります。これはほくろと同じく色素性母斑です。また、加齢現象や紫外線によってでき、表面がガサガサして薄く盛り上がっているものは脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)または老人性疣贅(ゆうぜい)と言い、よく老人性いぼと呼ばれます。
他には一般の皮膚科で主に治療するものとして、ウイルス性による尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言われるいぼは足や指の間によくできます。また、子供の身体などによくできる伝染性軟属腫(水いぼ)もよく知られていますが、これはほとんど治療することはなく自然経過で治癒するのを待つことになります。

■ あざ
あざというのは皮膚に見られる色のついた斑点のことをいいますが、生まれつきもしくは生まれて間もない乳児期に出てくるものがほとんどで、一部は成人になってから出てくるものもあります。あざには様々な種類のものがありますが、色の違いから大きく分けると黒いあざ、茶色いあざ、赤いあざ、青いあざなどがあります。
黒いあざは、ほくろと同じもので色素性母斑といいますが、通常のほくろより少し大きいものから中にはかなり巨大なものもあります。
茶色いあざは扁平母斑と言って生まれつきや生まれて間もなくより存在することが多いものです。
赤いあざは生まれたての赤ちゃんの顔や首に見られるサーモンパッチ、ウンナ母斑などがあり、これは自然にほぼ消えていくものです。他には単純性血管腫(ポートワイン母斑)、苺状(いちごじょう)血管腫があります。
青いあざには東洋人の赤ちゃんのほぼ誰にでもできる蒙古斑(もうこはん)が有名ですが、これは自然に消えていくものです。他には、子供のころにでき、青いほくろに見えて固く触れる青色母斑や、顔の片側半分に大きくあって女性に多い太田母斑は美容的には最も問題となるあざです。
あざの正確な診断、治療方針については専門医にご相談ください。

●しみ、ほくろ、いぼ、あざのレーザー治療、高周波電気分解治療

・麻酔テープもしくは局所麻酔
・時間 個数や大きさによって変わりますが、1個につきおおよそ1分以内
・通院 なし〜1回
・シャワー、洗髪 傷を濡らさなければ当日より可
・治療後に目立たない色の小さなテープを約1週間貼ります
・紫外線対策を忘れずに

 


●しみ、ほくろ、いぼ、あざの手術治療

・局所麻酔
・5〜30分(場所、個数や大きさによる)
・抜糸7〜10日(場所、個数や大きさによる)
・通院 1〜2回
・シャワー、洗髪 傷を濡らさなければ当日より可
・ケロイド予防のために目立たない色の小さなテープを貼ることがあります
・紫外線対策を忘れずに


石原先生の皮膚レーザー治療(しみ、ほくろ、いぼ、あざ)などに関するブログはこちら

▲ 皮膚レーザー治療  TOP  


◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


【Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A】 

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(皮膚レーザー治療)はこちらへ


当院における皮膚レーザー治療(しみ、ほくろ、いぼ、あざ)の流れ

【当院における皮膚レーザー治療(しみ、ほくろ、いぼ、あざ)の流れ】


お電話・メールでのご予約

学会認定専門医とのカウンセリング

お申込・治療(カウンセリング当日治療が可能)

治療時間、抜糸、アフターケアなどについてはこちら


※他院によるしみ、ほくろ、いぼ、あざの再発、修正術、再手術もお気軽にご相談下さい。
他院で切開する必要があると言われた場合もまずは当院にご相談ください。


※表参道院、仙台院は高度な美容外科手術を主に行う専門クリニックです。
 そのため、この2院では、レーザー治療の一部をお受けいたしておりません。
 何卒ご了承ください。詳しくはお問い合わせください。



皮膚レーザー治療(しみ、ほくろ、いぼ、あざ)の症例写真・画像  〜学会認定専門医Dr石原による症例〜

【皮膚レーザー治療(しみ、ほくろ、いぼ、あざ)の症例写真・画像
〜学会認定専門医Dr石原などによる症例〜】



老人性色素斑(しみ)レーザー治療 (62歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「目頭部分にあるあざのようなしみです。まぶたにかかっているので難しく、他の皮膚科や形成外科では断られたり、手術を勧められたとのことです。1回のレーザーで安全にかつきれいに除去することができました。」



YAGレーザー(左頬のしみ)(47歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「お化粧では隠せなくなってきた気になるしみを、YAGレーザー治療できれいに取りました。治療後は、紫外線対策、漂白軟膏のハイドロキノン、医療用ビタミンCロ−ションの使用をお薦めしました。」



YAGレーザー(右頬のしみ)(61歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「表面に盛り上がりのあるしみである脂漏性角化症です。YAGレーザーで一度できれいに治療できました。」



YAGレーザー(右手の甲のしみ)(53歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「手の甲は、うっかり日焼け止めを忘れがちで気付かないうちにしみができやすい部位です。YAGレーザーを使用して、たった1度の治療できれいになくすことができました。」



YAGレーザー(そばかす)(25歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント  「若い方のしみのそばかす(雀卵斑)です。YAGレーザーを選択し、目立つ2か所(赤いペンで印がつけてある部位)がきれいに1回でなくなりました。」



YAGレーザー(右頬のしみ)(63歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント  「長年あった濃いしみでも、あきらめないでください。YAGレーザー治療でこのように一度できれいになくすことができます。」



YAGレーザー(左頬のしみ)(62歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント  「YAGレーザーはこのような老人性色素斑にとても有効です。この方も一度の治療できれいになくすことが出来ました。ただしその後の紫外線対策はきちんと行ってください。」



ほくろ電気分解治療 (31歳・男性)症例写真・画像
Dr.コメント 「ほくろを取るために高周波による電気分解法を行ないました。簡単そうなほくろ除去でも、水ぼうそう跡のような凹みが残る場合もあります。高周波の強さを加減して行うのは難しく、経験豊富な医師におまかせください。」



ほくろ切縫法 (50歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント 「この方はレーザー治療ではありません。ほくろが眉毛の中にあり、大きさも1㎝近くあったため、より跡が残りにくい切縫法による手術を行いました。術後3か月ですがまださらに目立たなくなっていきます。レーザーか手術かの選択は患者さんの希望はもちろんですが、専門医によるより良い診断をしてもらってください。」



黒あざ(色素性母斑)切縫法 (16歳・女性)症例写真・画像
Dr.コメント  「ほくろではなく色素性母斑という生まれつきのあざです。レーザー治療で取りきることが難しく、切縫法ではなく小さく縫い縮める巾着縫合による手術を行いました。経験豊富な専門医による手術法の選択はやはり重要です。」



ほくろ切縫法 (52歳・男性)症例写真・画像
Dr.コメント  「黒くないとほくろではないと考える方もいるかもしれませんが、色が薄くてもほくろ(母斑細胞性母斑)です。診察の上、やや深い位置にあると診断したため、レーザーや高周波電気分解ではなく、切縫法による手術を行いました。このようにほとんど跡を残しません。」


◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


▲ 皮膚レーザー治療  TOP  
タウン形成クリニックコピーライト