レーザートーニング(肝斑)

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。
青森、盛岡、仙台、郡山院はこちら!
いわき院はこちら!

レーザートーニング(肝斑)


レーザートーニングとは

【レーザートーニングとは】 レーザートーニングとは、しみ治療などに用いるYAGレーザーを弱い出力で、通常のレーザー治療よりも頻繁に(1~4週毎に1回)、数回繰り返すことで、従来はレーザーが禁忌とされていて、内服や軟膏などの外用治療に限られていた肝斑に効果が認められている治療です。通常のしみ治療のレーザー後とは違い、熱傷を起こさないため、赤みやかさぶたなどができるなどのダウンタイムがないのが特長です。

肝斑とは

【肝斑とは】 肝斑とは30~50歳代の女性によく見られるしみの一種で、頬に対照的にできるのが特徴で、他に額や口の周囲にも出現します。東洋人、ヒスパニック系、アフリカ系アメリカ人に多く、原因は女性ホルモンがメラニン色素を促進するためとされています。従来、レーザー治療は肝斑を悪化させるために禁忌とされており、肝斑治療はトラネキサム酸(トランサミン)やビタミンC内服、ハイドロキノン(漂白軟膏)外用などに限られていましたが、YAGレーザーを用いたレーザートーニングが効果的であると学会で発表されて以来、実際の治療で使用されるようになりました。

必ず医師がレーザートーニングを施行します

【必ず医師がレーザートーニングを施行します】 レーザートーニングはYAGレーザーを使用します。YAGレーザーはしみ、あざ、タトゥー(刺青)除去などにも用いられますが、経験ある専門の医師によって使用されるべきレーザー機器です。レーザートーニング治療は弱い出力で行う治療のため、医療機関によっては看護師が行うことも少なくないようです。当院では必ず医師によってレーザートーニング治療を行います。ご安心ください。

レーザー機器紹介

【レーザー機器紹介】

YAG(ヤグ)レーザー
YAG(ヤグ)レーザー

当院でレーザートーニングに使用する機器は、TRIBEAM(トライビーム)というQスイッチNd-YAGレーザーで、照射時間(パルス幅)の調節でエネルギーを制御することで、しみやあざなどのメラニン色素疾患を目的とした治療に適しているレーザーの一つです。532ナノメートルと1,064ナノメートルの2つの波長のレーザー光により治療を行います。

■ 肝斑のレーザートーニングによる治療

●レーザートーニング
・痛みがないため、麻酔テープや局所麻酔は不要
・頬の部分で5分程度、顔全体で10分程度
・治療は1~4週間に1回で5回くらいが目安です
・メイク、シャワー、洗髪 当日より可
・治療後にテープを貼るなどは一切不要です
・紫外線対策を忘れずに

■ 肝斑の内服治療

肝斑に必要な治療薬としてトラネキサム酸(トランサミン)の内服が知られています。トラネキサム酸は市販薬としても発売されていますが、服用しても効果がなかったと言われる方が多くいます。
その理由は、市販薬のトラネキサム酸の服用量は1日分で750mgと少ないからです。 美容外科や美容皮膚科では、肝斑治療には1日1500mg処方することが基本です。肝斑に対しては750mgでは効果はほとんど期待できません。トラネキサム酸は専門の医療機関で診察の上、適切な量を処方してもらってください。
さらに肝斑治療にはビタミンC(シナール)の服用をお勧めしています。ビタミンCはメラニン色素の生成抑制と分解促進作用があり、肝斑をはじめとするしみなどの色素性疾患の治療には欠かせないものです。美白目的のビタミンCの内服は1日1000mg以上が必要とされています。当院ではビタミンC(シナール)の内服薬を1日1200mg処方します。

ビタミン点滴についてはこちら

■ 肝斑の外用治療

肝斑治療に必要な外用薬にはハイドロキノンがあります。ハイドロキノンはメラニン生成抑制とメラノサイト分解作用によってしみを薄くする“漂白軟膏”です。薬事法改正によって一部の化粧品でもハイドロキノンが含まれているものがありますが、すべて濃度が低いものに限られています。当院では効果の高い5%ハイドロキノンを医師による適切な診断のもとに処方いたします。
また、高濃度ビタミンCの外用(ローション、クリーム)、イオン導入も肝斑治療には有効です。

高濃度ビタミンCの外用についてはこちら

石原先生のレーザートーニング(肝斑)などに関するブログはこちら

◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら

当院におけるレーザートーニング(肝斑)の流れ

【当院におけるレーザートーニング(肝斑)の流れ】

お電話・メールでのご予約

ドクターとのカウンセリング

お申込・治療(カウンセリング当日治療が可能)

治療時間、アフターケアなどについてはこちら

※他院による肝斑の再発、増悪、再治療もお気軽にご相談下さい。

※表参道院、仙台院は高度な美容外科手術を主に行う専門クリニックです。
そのため、この2院では、レーザー治療の一部をお受けいたしておりません。
何卒ご了承ください。詳しくはお問い合わせください。

タウン形成クリニックコピーライト