サーマクール

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。

▼サーマクールの症例写真・画像はこちら

当院スタッフによるモニター(31歳)

【当院スタッフによるサーマクール体験モニター】


当院のスタッフがサーマクールを体験しました。
頬全体からあごにかけてのラインのたるみを70ショット当てた後の2カ月後の写真です。
見事に引き締まっているのが分かります。
体験した本人は、「自分でサーマクールを体験し、これだけの効果が表れたので、
自信もって患者さんにもサーマクールをお薦めすることができます!」

もっと他の症例・画像は






サーマクール医療器

【サーマクールはメスを使わないフェイスリフトとしてアメリカで開発された安全で信頼性の高い最先端医療機器です。】

ThermaCool TC TM System(通称・サーマクール)は、「メスを使わずにフェイスリフトを行う手法(Non-surgicalfacelift)」 としてアメリカThermage株式会社によって研究・開発された「しわ・たるみ取り治療器」です。

■ 学会認定専門医がさらに取得したサーマクール認定医

当院では、日本美容外科学会および形成外科学会認定専門医の先生方が、米国Thermage社およびSolta Medical社より正式なトレーニングを受け、かつ充分な知識と経験を有すると認められて「サーマクール認定医」の資格を取得しております。

こうしたサーマクールをはじめとする美容医療器械は、サーマクール医師なら誰でも扱うことはできますが、それをいかに患者さんに使用し、 より良い治療結果を出すかは、サーマクール専門医ならではの実績と経験がすべてなのです。


認定証


石原先生のサーマクールに関するブログはこちら



◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら




【サーマクールの3つの特長】


■ メスを使わない若返り

しわ・たるみを外科的治療以外で希望される方に最適な治療です。
メスはもちろん、針や糸も使用しません。

■ 短時間、一回の治療で大きな効果

1回の治療時間がたったの30分。装置から出る高周波が皮膚の真皮層に直接働きかけて、 肌の張りに必要なコラーゲンの生成、促進を行います。そのため、たった一度で大きな若返り効果をもたらすことができます。

■ 肌に負担が少ない治療

サーマクールの治療は、特殊な冷却システムで肌へのダメージも少なく、麻酔も必要ないほどです。
ダウンタイム(回復するまで要する時間)がなく、施術直後からお化粧も可能で、仕事やプライベートに復帰できます。


サーマクール施行中
▲ Dr石原によるサーマクール施行中






【サーマクールの使用するチップ】


サーマクール治療では、部位や用途によって様々なチップを使い分けます。
国内でもいち早くサーマクールを導入し、学会や医学論文などで実績のある当院ならではの最適なチップの選択で
最も効果的な治療を提供しております。

サーマクールの使用するチップ

サーマクールの使用するチップをイラストでご覧になれます。




【Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A】 

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(サーマクール)はこちらへ

【当院におけるサーマクールの流れ】

お電話・メールでのご予約

学会認定専門医とのカウンセリング

お申込・治療(カウンセリング当日治療が可能)

治療時間、抜糸、アフターケアなどについてはこちら


※表参道院、仙台院は高度な美容外科手術を主に行う専門クリニックです。
そのため、この2院では、サーマクールやレーザー治療の一部をお受けいたしておりません。
何卒ご了承ください。詳しくはお問い合わせください。


【日本美容外科学会認定専門医のDr.石原のサーマクールについての実績】


■ 主な学会発表(日本美容外科学会)
「サーマクールおよびメソセラピー併用によるface and body contouring」

■ 主な学会発表(日本形成外科学会)
「高周波治療器サーマクールとメソセラピー併用の有用性」(日本形成外科学会北海道・東北支部学術集会)

■ 主な医学論文(日本美容外科学会)
「サーマクールおよびメソセラピー併用によるface and body contouring」





【Dr.石原による医学論文「サーマクールおよびメソセラピー併用によるface and body contouring」 】

美容外科を専門とする多くの医師たち向けの専門学会誌に医学論文が採用、
掲載されることはきわめて少なく、 その診療実績と研究の内容レベルの高さを十分に認められた確固たる証明になります。

「Thermacoolは、皮膚中層〜深部の線維性隔壁を加熱、コラーゲンを収縮、生成して引き締め(skin tightening)効果によってしわやたるみを改善するが、さらに四肢や体幹の弛緩した皮膚にも応用されている単極式高周波治療装置である。
また、脂肪融解治療メソセラピーは、Phosphatidylcholine主成分の薬剤を皮下脂肪層に注入し、脂肪代謝・融解を促進し、容量減少(volume down)効果による痩身を図るのが主目的であり、
今回は各々の単独療法ならびにサーマクールとメソセラピー併用により、両者の引き締め効果と容量減少効果の相乗影響でface and body contouringを改善することができたので、その結果を報告する。」

(日本美容外科学会誌 第44巻 第5,6号 2008年1月より抜粋)






【サーマクールの症例写真・画像 〜学会認定専門医Dr石原による症例〜】


頬サーマクール(31歳・女性)症例写真・画像

Dr.コメント 「年齢的にもそれほどたるみが強いわけではありませんが、フェイスラインと法令線が気になってきたとのことです。頬全体にサーマクールを行ない、張りが出て、法令線が目立たなくなりました。」





頬サーマクール(27歳・女性)症例写真・画像

Dr.コメント 「20代後半になってきて気になり始めたプチたるみです。定期的にサーマクールでしっかり皮下のコラーゲンを増やし、アンチエイジングに備えるといいでしょう。」



頬サーマクール(33歳・女性)症例写真・画像

Dr.コメント 「フェイスラインと口元のたるみ(マリオネット・ライン)が気になってきたようです。糸によるシルエットリフトも考慮しましたが、サーマクールだけでもここまで効果を出すことができました。今後も半年ごとに続けていきたいとのことです。」



サーマクールおよびメソセラピー併用(46歳・女性)症例写真・画像

Dr.コメント 「頬下半分に脂肪が多く付き、たるみが見られるタイプの方です。このような場合、 手術的に頬の脂肪吸引とSMASフェイスリフトを併用する治療が一番なのですが、ご本人が外科手術を希望されない場合、 メソセラピーを3回施行して脂肪を十分減らした後にサーマクールを行うことでも、これだけの治療結果を出すことができます。」


◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら



▲ サーマクール TOP  
タウン形成クリニックコピーライト