二重まぶた

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。

line

二重まぶた
▼二重まぶたの症例写真・画像はこちら


タウン形成外科クリニックの二重まぶた手術はここが違います

二重まぶた
【二重まぶたの手術を考えている方へ】

二重まぶたの手術となるとどうしてもためらってしまう大きな理由は、 もし気に入らなかったり、 手術受けたことがすぐ分かってしまうような不自然な目になったら 取り返しがつかないのではないかという不安によるものではないでしょうか。

経験と実績豊富な日本美容外科学会や形成外科学会の認定専門医の先生方による手術であれば、必ず満足のいく二重まぶたが実現します。

一見すると簡単に見える二重まぶたの手術こそ、実績のある学会認定専門医にお任せください。

すべての二重まぶたは埋没法でうまくいく?

【すべての二重まぶたは埋没法でうまくいく?】

さまざまな美容外科の広告やサイトを眺めてみると、二重まぶたの手術と言えば「埋没法」と全面的に言っているクリニックが目立ちます。 埋没法で二重まぶたの希望がすべて思い通りにかなう・・・こんなことは決してありません。
どんなに埋没法の糸の材質や結び方の技術を工夫しても、どんなに経験の多い専門医の先生が執刀しても、 埋没法はあくまで糸による「仮止め法」なのです。
これは有名な医学書、権威のある医学会論文などでも周知の事実です。

日本美容外科学会や形成外科学会の認定専門医の先生方は、まず患者さんの希望をよく聞き、 まぶたの状態をじっくり診断したうえで、埋没法では難しい適応外である患者さんには切開法を勧め、しかも結果的に自然で確実できれいな二重まぶたにすることができます。



◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


学会認定専門医による安心保証制度の二重まぶた手術

【学会認定専門医による安心保証制度の二重まぶた手術】
 

■  二重まぶた(埋没法)
2点止めもしくは3点止めを、まぶたの状態と患者さんの希望によって行います。
他院で埋没法を何度やっても取れてしまった方がとても多く来院されます。
また、厚く腫れぼったいまぶたの方には、 わずか1ミリの穴から脂肪だけを抜き取って、
すっきりとさせることも可能です(マイクロカット法) ・・・ これは専門医だけが行える難しい技術です

●二重まぶた(埋没法)

・局所麻酔
・時間 10分
・抜糸 なし
・通院 なし~1回
・術後の腫れ  ほとんどないか、あっても1~2日
・シャワー、洗髪 当日より可
【Before】
【After】

二重まぶた(埋没法)の手術直後の写真(詳しくはこちら)

他院の埋没法でラインがおかしい、不整になってしまった場合も経験豊富な学会認定専門医にご相談ください。
他院の埋没法でラインがおかしい場合

二重まぶた、上まぶた、下まぶた、その他の目の手術の他院修正術(失敗、やり直し)について詳しくはこちら

【Before】
埋没法を行う小さな穴から

脂肪を取ります
【After】
マイクロカット法(埋没法+脱脂)の手術直後の写真(詳しくはこちら)

※埋没法を行わずに、小さな穴から脱脂だけを行うことも可能です。

■  二重まぶた(切開法)
手術法の適応を十分に見極め、必要であれば切開法をお勧めします。
当院で二重まぶたを受ける患者さんの40%は切開法です。
まぶたのたるみが強い場合は余分な皮膚を多めに取り除き、きれいな二重まぶたにします。

上まぶたのたるみ(目の周りの若返り)について詳しくはこちら
●二重まぶた(切開法)

・局所麻酔
・時間 45~60分
・抜糸 5日
・通院 1~2回
・術後の腫れ 5~7日
・シャワー、洗髪
当日より可
【Before】
デザインに沿って切開します

丁寧に縫合します
【After】

二重まぶた(切開法)の術後経過(詳しくはこちら)



※当院では患者様に安心して二重まぶたの手術を受けていただくために、安心の保証制度を取り入れております。

※他院による二重の修正術、再手術もお気軽にご相談下さい。他院で埋没法を何度も受けすぎてかえって跡が残ってしまった、切開法の失敗でラインがおかしい、などのやりなおし、修正手術も、経験の多い学会認定専門医なら必ず解決できます。


二重まぶたの他院修正術(失敗、やり直し)について詳しくはこちら

石原先生の二重・上まぶたに関するブログはこちら

▲ 二重まぶた TOP  

◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


その他の目の手術

目頭切開、眼瞼下垂、涙袋(涙堂)形成、目(瞳)を大きく見せるなど、その他の目の手術についてはこちら



【Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A】 

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(二重まぶた、目の手術)はこちらへ


当院における二重まぶた・目の手術の流れ

【当院における二重まぶた・目の手術の流れ】

お電話・メールでのご予約

学会認定専門医とのカウンセリング

お申込・治療(カウンセリング当日治療が可能)

治療時間、抜糸、アフターケアなどについてはこちら



日本美容外科学会認定専門医のDr.石原の重瞼術についての実績

【日本美容外科学会認定専門医のDr.石原の重瞼術についての実績】

■ 主な学会発表(日本美容外科学会)
    「上眼瞼陥凹のみられる重瞼手術における工夫」

■ 主な医学論文(日本美容外科学会)
    「上眼瞼陥凹の原因と重瞼手術における工夫」



Dr.石原による医学論文「上眼瞼陥凹の原因と重瞼手術における工夫

【Dr.石原による医学論文「上眼瞼陥凹の原因と重瞼手術における工夫」】

美容外科を専門とする多くの医師たち向けの専門学会誌に医学論文が採用、掲載されることはきわめて少なく、 その診療実績と研究の内容レベルの高さを十分に認められた確固たる証明になります。

「美容外科医は、重瞼手術を行うにあたり、埋没法、切開法などから、適応を選択するが、しばしば、重瞼手術希望の患者において、 上眼瞼に陥凹が見られる場合があり、これらを十分に考慮せずに、従来の単純な重瞼術を安易に行うと、 作成した重瞼ラインと、元の陥凹とで、いわゆる三重瞼のようになったり、ラインが消失しやすかったりなど、患者の満足が得られないことがある。 従って、上眼瞼陥凹の起こる成因を考察したうえで、そのようなケースにおける重瞼術の際に、眼輪筋や眼窩脂肪を用いて、 上眼瞼陥凹を同時に治療する工夫点などを、従来の論文をふまえて、筆者の考え方を述べる。」
(日本美容外科学会誌第39巻第5号2002年9月より抜粋)



二重まぶた手術の症例写真~学会認定専門医Dr石原による症例~

【二重まぶた手術の症例写真・画像 ~学会認定専門医Dr石原、Dr上による症例~】

二重まぶた症例写真7
二重まぶた(埋没法・3点止め)(32歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「目つきがきつく、冷たい印象にみられるのがずっと悩みだったそうです。埋没法でご覧のとおり、無理のない二重の幅でとても優しい印象になりました。」

二重まぶた症例写真8
二重まぶた(埋没法・3点止め)(24歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「普段はアイプチで二重にしているとのことで、まったく同じラインで希望されました。自然な二重で、術後の腫れもほとんどなかったため、周りの誰にも気づかれなかったそうです。」

二重まぶた症例写真1
二重まぶた(埋没法・2点止め)(21歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「今や二重まぶたの定番となった埋没法ですが、 一人ひとりのまぶたの状態をきちんと見極めて手術を行わないと、 取れてしまう、一重に戻りやすい、という原因になります。 この方はすでに5年経っていますが、二重まぶたがきれいに残っています。」

二重まぶた症例写真
二重まぶた(埋没法・2点止め)(22歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「やや上まぶたの皮膚が厚く、埋没法では難しそうなタイプの方です。皮膚の重みに負けないように、しっかりラインが出るように糸をかけることに配慮して埋没法を行いました。」

二重まぶた症例写真
二重まぶた(上まぶた脱脂マイクロカット法)(26歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 上先生
Dr.コメント 「腫れぼったい上まぶたがイヤだが、奥二重のままで二重には変わりたくないとのことでした。奥二重のラインに沿った、まつ毛に近い位置に小切開しました。奥の脂肪(眼窩脂肪)を少し取っただけで、かなりくぼみました。まぶた自体の厚みが薄い方では、取り過ぎないようにしなければいけません。本人はとても満足です。 」

二重まぶた症例写真
二重まぶた(切開法)(18歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「一重まぶたですが、瞳がよく見える大きな目です。ご本人は、丸みのある二重にしてさらに大きく見せたいとのことです。上まぶたの皮膚はそれほど厚くありませんが、丸みのあるラインにするには埋没法では難しいため、切開法を行ないました。茶色の瞳が、外国人とのハーフの女性を思わせる魅力ある目になりました。」

二重まぶた症例写真3
二重まぶた(切開法)(20歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「切れ長の一重でまぶたが厚いのが特徴です。 埋没法では難しいため、切開法ではっきりときれいな二重まぶたになり、より女性らしい印象を与える目になりました。」

二重まぶた症例写真6
二重まぶた(切開法)・目頭切開(22歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「今、流行りの“目力(めぢから)をつけたい”とのことでした。要するに目元をはっきりと大きく見せたいということです。二重の切開法と目頭切開でご覧のようにとても良い感じになりました。ご本人も大満足のようです。」


二重まぶた(切開法)(24歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「一重まぶたの方ですが、目の開きはパッチリしているので、幅広の二重まぶたが似合いそうです。内側の蒙古ひだはありますが、目頭切開は希望されずに、切開法できれいな二重まぶたになりました。」


二重まぶた(切開法)・目頭切開(31歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「なるべく目を大きく見せたいというご希望で、切開法の重瞼術に目頭切開を加え、幅の広いしかも自然で大きな目になりました。二重の幅と目頭のバランスはとても重要です。」


上まぶたのたるみ(目の周りの若返り)について詳しくはこちらへ

目頭切開、眼瞼下垂、涙袋(涙堂)形成、目(瞳)を大きく見せるなど、その他の目の手術についてはこちら

二重まぶた、上まぶた、下まぶた、その他の目の手術の他院修正術(失敗、やり直し)について詳しくはこちら


◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら


▲ 二重まぶた TOP  
タウン形成クリニックコピーライト