東京(表参道)、青森、八戸、盛岡、仙台、郡山、いわき タウン形成外科クリニック[美容外科][形成外科][皮フ科]医療法人きびたき会

電話受付時間 10:00 - 19:00(日祝 - 18:00)
クリニック
一覧

電話受付時間 10:00 - 19:00(日祝 - 18:00)
スキンケア(フォトフェイシャル) スキンケア(フォトフェイシャル)

フォトフェイシャル(くすみ、しみ、赤ら顔)

気になる小じわ・ソバカス・クスミ・ニキビ跡・毛穴の開き赤ら顔を改善M22とは

フォトフェイシャルは小ジワ・シミ・ソバカス・クスミ・ニキビ跡・毛穴の開き・赤ら顔・ニキビ肌質改善など、お肌の様々なトラブルに効果のある治療法です。
当院ではアメリカのDr.ビターが開発し、その後改良されてきたフォトフェイシャル機器を使用しております。
フォトフェイシャルの治療については、お気軽にご相談下さい。


最先端フォトフェイシャル器
フォトフェイシャル(M22)


◆無料カウンセリング実施中  無料カウンセリング予約はこちら

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとはしみ、くすみ、ソバカスの原因であるメラニンに直接ダメージを与える特殊な光(IPL)を照射する治療です。

フォトフェイシャルの光(IPL)はしみ、くすみ、ソバカスの原因であるメラニンやニキビ跡や赤ら顔の原因である毛細血管にあたると光のエネルギーが熱に変わる事によって治療するので肌を傷つけることなく治療が出来ます。
また同時にこのフォトフェイシャルの光が細胞に肌を活性化させるよう働きかけるので内側からキレイな肌の再生を促進します。
フォトフェイシャルの治療はレーザーの治療と違い、肌に対して強いダメージを与えません。
フォトフェイシャルは光で徐々に改善していく治療です。


一つの器械で治療できるフォトフェイシャル

フォトフェイシャル治療では、一般的なレーザーのように、しみにはこの器械、赤ら顔にはこの器械、と症状により器械を変えたりすることがありません。なぜなら、一般的にはひとつのレーザー器械ではひとつの波長(色)しか出せません。そのため、色が違う疾患やしみの濃さの違いがあると効果のある波長、効果のない波長がでてきてしまいます。ところがフォトフェイシャルに用いる装置は様々な光(IPL)の波長を同時に出すことができるので、さまざまな色の疾患や濃さの違う複数のしみに対応できます。
そのため、フォトフェイシャルは様々な肌のトラブルに対する優れた治療のひとつとされています。

M22とは

フォトフェイシャルM22は厚生労働省より正式に薬事承認を受けている医療機器です。
従来のフォトフェイシャルNatulightと比べ光(IPL)の波長の選択肢が増え、光の出方もより細かく設定できるため患者さんの悩みに応じてよりきめ細やかな治療が可能となりました。
照射時に、1~3つの波形に分割される光(IPL)が均一化(オプティマル・パルス・テクノロジー)していることで、肌へのダメージや痛みを最小限に抑えながら最大限の効果を出せるようになりました。また、スピーディーな照射が可能で、従来よりも施術が短時間で完了します。


M22専用の6種類のカットオフフィルター

治療目的に応じたM22専用の6種類のカットオフフィルター


Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(フォトフェイシャル)はこちらへ

フォトフェイシャル治療の流れ

お電話・メールでのご予約

ドクターとのカウンセリング

お申込・治療(カウンセリング当日治療が可能)

フォトフェイシャルの治療時間、治療後のアフターケアなどについてはこちら


洗願後、お顔全体または希望の部位にフォトフェイシャルの光を照射します。


照射はお顔全体の場合で約20分間です。


しみの治療後は、3〜4日で目に見えないほどの薄いかさぶたができ、7〜10日かけて剥がれていきます。


症状や反応にもよりますが、基本的には1ヶ月間隔で5回位の治療を繰り返し受けることをお勧めします。


症状の改善が得られたあとは、メンテナンスのために3ヶ月に1回を目安に治療を続けることをお勧めします。


※表参道院、仙台院は美容外科手術を主に行う専門クリニックです。
そのため、この2院では、フォトフェイシャルやレーザー治療の一部をお受けいたしておりません。
何卒ご了承ください。詳しくはお問い合わせください。



◆無料カウンセリング実施中  無料カウンセリング予約はこちら

フォトフェイシャルの症例写真・画像
〜学会認定専門医Dr石原による症例〜

症例1 フォトフェイシャル(頬全体のそばかす、しみ)
症例画像 症例画像

症例1 フォトフェイシャル(頬全体のそばかす、しみ) 42歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 「頬全体にそばかすとしみが目立つ方です。すべてについてそばかすとしみをはっきりとした区別するのは難しいですが、治療方針は基本的に同じです。幸い、治療にやっかいな肝斑はないので、積極的にフォトフェイシャル治療を行うことができました。自宅でビタミンC誘導体とASVCのDr. Ishiharaドクターズコスメを併用していただき、わずか半年でここまで良くなりました。ほくろも、しみやそばかすと同じくメラニンの沈着です。ほくろの色素まで薄くなったのがわかります。」
症例2 フォトフェイシャル(目のまわりのくま、しみ)
症例画像 症例画像

症例2 フォトフェイシャル(目のまわりのくま、しみ) 53歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 「昔から目のまわりのくまに悩んでいて、どのクリニックでも難しいと言われ、ほぼ諦めていたそうです。
頬やこめかみのあたりにある細かい老人性色素斑も気になってきたということでした。 目の周りにレーザーを当てるにはリスクがあり、月1回のフォトフェイシャルに隔週のビタミンC誘導体イオン導入、自宅でのハイドロキノン軟膏の併用を約1年続けました。 ここまで良くなったのは、ご本人の通院の頑張りもあったと思います。やはり継続は力なりです。」
症例3 フォトフェイシャル(他院レーザー後の色素沈着)
症例画像 症例画像

症例3 フォトフェイシャル、高濃度ビタミンCなど(首のしみの他院レーザー後の色素沈着) 49歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 「首のしみに対して他院でレーザー治療を受け、1年経っても色素沈着が残ってしまっている方です。治療前よりさらに目立つようになってしまい、本当に悩まれているようでした。このような場合には二度とレーザーは使いません。肌の負担の少ないフォトフェイシャルに、高濃度ビタミンCクリーム、ビタミンC誘導体ローションのイオン導入などを行ない、ここまで改善することができました。」
症例4 フォトフェイシャル(赤ら顔・肌のざらざら感)
症例画像 症例画像

症例4 フォトフェイシャル(赤ら顔・肌のざらざら感) 22歳男性 

DOCTOR’S COMMENT 「赤ら顔で悩んでいた男性です。当院で処方したAHA石鹸、ビタミンCローション、ASVCクリームで自宅でのスキンケアを行いながらフォトフェイシャルを1カ月に1回、1年間続けました。1年後でも赤ら顔がかなり良くなっているのがわかりますが、同時に実は気にしていた肌のざらざら感が改善してとても喜んでいました。ご本人の強い希望で2年間同じ治療を継続しました。赤ら顔はもちろん、肌の質感も別人のようにすべすべしたのがわかります。その後も自宅でのドクターズコスメによるスキンケアを続けながら、年に3回ほどフォトフェイシャルを受けにいらしています。」
症例5 フォトフェイシャル(赤ら顔・毛細血管拡張)
症例画像 症例画像

症例5 フォトフェイシャル(赤ら顔・毛細血管拡張) 27歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 「赤ら顔は、子供のころからある場合と、成人になってニキビや肌荒れなどを繰り返した結果出来てしまう場合があります。いずれにせよ、赤ら顔を確実に治せる良い治療法はこれまでほとんどなかったのが現状でした。これほど治療効果のあるフォトフェイシャルはとても頼もしい治療法です。」
症例6 フォトフェイシャル(赤ら顔・毛細血管拡張)
症例画像 症例画像

症例6 フォトフェイシャル(赤ら顔・毛細血管拡張) 53歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 「赤ら顔は、毛細血管が集中的に拡張していることが原因であることが多く、長年悩んでいる方も少なくありません。この方はフォトフェイシャルとビタミンCイオン導入などのスキンケアでここまでよくなりました。」


◆無料カウンセリング実施中  無料カウンセリング予約はこちら

お電話でのお問い合わせ 電話受付時間 10:00~19:00(日祝~18:00)

  • 全国
  • 八戸
  • いわき
  • カウンセリング予約
  • メール相談

ドクターズブログ

クリニック一覧

各院ページはこちら(動画や写真で院内が見られます)

タウン形成外科クリニック CM