東京(表参道)、青森、八戸、盛岡、仙台、郡山、いわき タウン形成外科クリニック[美容外科][形成外科][皮フ科]医療法人きびたき会

電話受付時間 10:00 - 19:00(日祝 - 18:00)
クリニック
一覧

電話受付時間 10:00 - 19:00(日祝 - 18:00)
二重まぶた 二重まぶた

二重まぶた

術式一覧

「すべての二重まぶたは埋没法でうまくいく?」

二重まぶたの手術と言えば「埋没法」を想定される方が多いかもしれません。
埋没法で二重まぶたの希望がすべて思い通りにかなう・・・こんなことは決してありません。
どんなに埋没法の糸の材質や結び方の技術を工夫しても、どんなに経験の多い専門医の先生が執刀しても、埋没法はあくまで糸による「仮止め法」なのです。
これは有名な医学書、権威のある医学会論文などでも周知の事実です。

私どもは、まず患者さんの希望をよく聞くことを心掛けており、まぶたの状態をじっくり診断したうえで、埋没法では難しい適応外である患者さんには切開法を勧めることがあります。

二重まぶたの手術について

二重手術には、大きく3つあります。
ご希望やまぶたの厚みなどによって異なりますが、大まかな特徴は下記の通りです


術式 まぶたの
厚さ
二重の
持続性
デザイン性 ダウン
タイム
埋没法 薄い
マイクロ
カット法
やや厚め
切開法 厚い

まぶたの他院修正


他院による二重の修正術、再手術もお気軽にご相談下さい。
他院の埋没法でラインが薄くなった、消えた、不整になってしまった、埋没法を何度も受けすぎてかえって跡が残ってしまった、切開法でラインが狭くなった、左右差がある、広すぎる、不整になってしまった、一重に戻したい、などのやりなおし、修正手術も行っております。


石原先生の二重・上まぶたに関するブログはこちら

Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(二重まぶた、目の手術)はこちらへ

二重まぶた・目の手術の流れ

お電話・メールでのご予約

ドクターとのカウンセリング

お申込・手術(カウンセリング当日手術が可能)

治療時間、抜糸、アフターケアなどについてはこちら

二重まぶたの学術実績(Dr.石原)

■ 主な学会発表(日本美容外科学会)
 「上眼瞼陥凹のみられる重瞼手術における工夫」

■ 主な医学論文(日本美容外科学会)
 「上眼瞼陥凹の原因と重瞼手術における工夫」

Dr.石原による医学論文
「上眼瞼陥凹の原因と重瞼手術における工夫」

「美容外科医は、重瞼手術を行うにあたり、埋没法、切開法などから、適応を選択するが、しばしば、重瞼手術希望の患者において、上眼瞼に陥凹が見られる場合があり、これらを十分に考慮せずに、従来の単純な重瞼術を安易に行うと、作成した重瞼ラインと、元の陥凹とで、いわゆる三重瞼のようになったり、ラインが消失しやすかったりなど、患者の満足が得られないことがある。
従って、上眼瞼陥凹の起こる成因を考察したうえで、そのようなケースにおける重瞼術の際に、眼輪筋や眼窩脂肪を用いて、上眼瞼陥凹を同時に治療する工夫点などを、従来の論文をふまえて、筆者の考え方を述べる。」
(日本美容外科学会誌第39巻第5号2002年9月より抜粋)



フリーダイヤル(全国) いいおんなにハロー 0120-107-286 フリーダイヤル(いわき院専用) いいおんなよゴーゴー 0120-107-455 受付時間10:00~19:00(日祝18:00まで)
メールでの無料相談 無料カウンセリング予約

Dr.石原、Dr.上の症例写真(二重まぶた手術)

症例1 二重まぶた(右のみ) 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例1 二重まぶた(右のみ) 埋没法・3点止め 21歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 元々、左目だけが二重まぶただったため、それに合わせて右も二重にしてほしいというご希望でした。バランスを考えてデザインし、より二重が安定しやすい3点止めで行いました。
症例2 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例2 二重まぶた 埋没法・3点止め 24歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 普段はアイプチで二重にしているとのことで、まったく同じラインで希望されました。自然な二重に仕上がり、術後の腫れもほとんどなかったため、周囲の人にも違和感がないでしょう。
症例3 二重まぶた 埋没法・2点止め
症例画像 症例画像

症例3 二重まぶた 埋没法・2点止め 21歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 今や二重まぶたの定番となった埋没法ですが、一人ひとりのまぶたの状態をきちんと見極めて手術を行わないと、取れてしまう、一重に戻りやすい、という原因になります。この方はすでに5年経っていますが、二重まぶたがきれいに残っています。
症例4 二重まぶた 埋没法・2点止め
症例画像 症例画像

症例4 二重まぶた 埋没法・2点止め 22歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT やや上まぶたの皮膚が厚く、埋没法では難しそうなタイプの方です。皮膚の重みに負けないように、しっかりラインが出るように糸をかけることに配慮して埋没法を行いました。
症例5 二重まぶた 埋没法・2点止め
症例画像 症例画像

症例5 二重まぶた 埋没法・2点止め 17歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 元々、細めの二重まぶたがあって、それよりも広めの二重を希望されました。元の二重のラインがある場合、それよりもしっかりとした二重を作らないと、埋没法では元のラインに負けてしまうので、確実な手術が必要です。
症例6 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例6 二重まぶた 埋没法・3点止め 18歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT やや厚めのまぶたの方だったので、より確実な3点止めの埋没法で行いました。きれいでしっかりとしたラインが出ていると思います。
症例7 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例7 二重まぶた 埋没法・3点止め 16歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT まぶたの皮膚が厚ぼったいために、埋没法よりも切開法が適していると思われましたが、高校生であまり長い休みが取れないということで、3点止めの埋没法で行いました。ラインはきれいに出ているのでまずは大丈夫だと思います。
症例8 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像 症例画像 症例画像

症例8 二重まぶた 埋没法・3点止め 19歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 長年、アイテープ(アイプチ)を使用している方で、かぶれを起こしている方も少なくなくありません。この方は、すでに2年以上アイテープを使われていて、慢性的なかぶれを起こしています。出来れば切開法でより確実な二重まぶた作成をしたいところですが、ご本人の強い希望で埋没法となりました。このようにまぶたが厚い状態でのデザインや手術はやりにくいのですが、きれいな二重になり、かぶれによるまぶたの厚みはかなり改善してきています。
症例9 二重まぶた 埋没法・2点止め
症例画像 症例画像

症例9 二重まぶた 埋没法・2点止め 22歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 自然な幅で二重にしたい、できれば埋没法がいいというご希望でした。まぶたの厚みもそれほどではなく、無理な幅のご希望がないことより埋没法の適応と診断し、睫毛より7mmの位置で埋没法を行いました。睫毛より10mmを超えるような位置で埋没法を行うと、睫毛上の皮膚の余りが生じてプックリとしただぶつきを認めることが多いです。この方のように自然な幅(6~8mm)であればそのようなことが起きないため、きれいな重瞼ラインが作れると考えています。幅の広い重瞼ラインの設定と睫毛上のだぶつきは対極にあるため、術前のシミュレーションが重要です。
症例10 二重まぶた 埋没法・2点止め
症例画像 症例画像

症例10 二重まぶた 埋没法・2点止め 29歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 二重まぶたの埋没法は腫れが極めて少ない方法です。取れてしまうリスクはありますが、適応を選べば持続性が高いと考えています。今回は奥二重を希望され、埋没法2点止めを行いました。
控えめな幅を希望される場合は特に良い適応だと思います。手術前、手術直後、術後1か月の開瞼・閉瞼写真をお示しします。
症例11 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例11 二重まぶた 埋没法・3点止め 20歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 埋没法を希望されて来院された方です。術前に綿密に患者さんとライン幅を決めていきました。左右差もなく、手術したことがわからないくらい自然な結果になりました。
症例12 二重まぶた 埋没法・2点止め
症例画像 症例画像

症例12 二重まぶた 埋没法・2点止め 20歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 埋没法を希望されて来院された方です。最も綺麗な眼になるように術前に綿密に患者さんとライン幅を決めていきました。手術時も腫れは最小限でした。結果として、術前はやや重たく、下垂気味だった上まぶたが術後は見た目が綺麗になったのに加えて、楽に眼が開くようになりました。手術手技も勿論重要ですが、このように術前に患者さんと納得いくまで、綿密にカウンセリングを行うことが大変重要だと考えます。
症例13 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例13 二重まぶた 埋没法・3点止め 28歳女性 

DOCTOR’S COMMENT 埋没法を希望されて来院された方です。術前に綿密に患者さんとライン幅を決めていきました。ライン幅は10mmで広めな方ですが、平行型に近い自然なラインとなりました。その方に合うデザインで手術を行うことが大変重要だと考えます。
症例14 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例14 二重まぶた 埋没法・3点止め 31歳男性 

DOCTOR’S COMMENT 埋没法を希望されて来院された方です。術前に綿密に患者さんとライン幅を決めていきました。術前は瞼が黒目に被さる印象でしたが、手術により重い印象が改善しました。左右差もなく順調な経過です。
症例15 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例15 二重まぶた 埋没法・3点止め 18歳女性 

DOCTOR’S COMMENT まぶたの皮膚が厚めでしたが、控えめの二重を希望されたため埋没法で手術を行いました。術後は希望通りの控えめの二重となっています。術前は額の筋肉(前頭筋)でまぶたを挙げているのを補助していましたが、術後はまぶたを開けやすくなり額の筋肉の緊張がゆるみ、右まゆ毛の上にあった横ジワも目立たなくなりました。
症例16 二重まぶた 埋没法・3点止め
症例画像 症例画像

症例16 二重まぶた 埋没法・3点止め 26歳女性 【担当:上先生】

DOCTOR’S COMMENT この方は、手術前には何本も浅い二重ラインが入っています。原則として幅広い二重ラインを狭くするには、切開法二重術を行い眉側の癒着を外さなければなりません。この方の場合、幸い、弱い癒着による二重ラインでしたので、埋没法二重術を行うだけで眉側の二重ラインは消えています。
症例17 二重まぶた (右のみ)埋没法・2点止め
症例画像 症例画像

症例17 二重まぶた (右のみ)埋没法・2点止め 21歳女性 【担当:藤井先生】

DOCTOR’S COMMENT 患者さんは元々二重まぶたですが、左側に比べて右側のラインがうすく、左右差が気になるとのことで、右側(向かって左側)のみ埋没法をおこなうことになりました。
術後1か月後には完成の状態になっていて左右差もなくなりました。
症例18 二重まぶた (右のみ)埋没法・4点止め
症例画像 症例画像

症例18 二重まぶた (右のみ)埋没法・4点止め 20歳女性 【担当:藤井先生】

DOCTOR’S COMMENT この患者さんも、右側だけが奥二重のため、左右を同じにしたいという希望でした。アイプチ、アイテープなどを何年も使用していましたが、外すとすぐ元の一重に戻ってしまうということで、より強固な4点止めとしました。
症例19 二重まぶた 上まぶた脱脂マイクロカット法
症例画像 症例画像

症例19 二重まぶた 上まぶた脱脂マイクロカット法 26歳女性 【担当:上先生】

DOCTOR’S COMMENT 腫れぼったい上まぶたがイヤだが、奥二重のままで二重には変わりたくないとのことでした。奥二重のラインに沿った、まつ毛に近い位置に小切開しました。奥の脂肪(眼窩脂肪)を少し取っただけで、かなりくぼみました。まぶた自体の厚みが薄い方では、取り過ぎないようにしなければいけません。本人はとても満足です。
症例20 二重まぶた 切開法
症例画像 症例画像

症例20 二重まぶた 切開法 18歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 10代の方です。右は一重まぶた、左は奥二重で、いつもはアイテープで平行型の二重にしているとのことですが、わずらわしさと皮膚がかぶれてしまうので、切開法を選択されて、しっかりとした平行型にしたいということでした。
症例21 二重まぶた 切開法・眼瞼下垂
症例画像 症例画像

症例21 二重まぶた 切開法・眼瞼下垂 24歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 20代前半の方ですが、まぶたのたるみがあるので、このような方の場合には、二重まぶたにするにはやはり切開法が適していると思います。瞳孔は隠れていませんが、やや眼瞼下垂気味で眠そうな印象なので、よりぱっちりとした二重にするために、眼瞼下垂手術に準じて挙筋腱膜前転術を同時に行いました。
症例22 二重まぶた 切開法
症例画像 症例画像

症例22 二重まぶた 切開法 18歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 一重まぶたですが、瞳がよく見える大きな目です。ご本人は、丸みのある二重にしてさらに大きく見せたいとのことです。上まぶたの皮膚はそれほど厚くありませんが、丸みのあるラインにするには埋没法では難しいため、切開法を行ないました。茶色の瞳が、外国人とのハーフの女性を思わせる魅力ある目になりました。
症例23 二重まぶた 切開法
症例画像 症例画像

症例23 二重まぶた 切開法 20歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 切れ長の一重でまぶたが厚いのが特徴です。 埋没法では難しいため、切開法ではっきりときれいな二重まぶたになり、より女性らしい印象を与える目になりました。
症例24 二重まぶた 切開法・目頭切開
症例画像 症例画像

症例24 二重まぶた 切開法・目頭切開 22歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 今、流行りの“目力(めぢから)をつけたい”とのことでした。要するに目元をはっきりと大きく見せたいということです。二重の切開法と目頭切開でご覧のようにとても良い感じになりました。ご本人も大満足のようです。
症例25 二重まぶた 切開法
症例画像 症例画像

症例25 二重まぶた 切開法 24歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 一重まぶたの方ですが、目の開きはパッチリしているので、幅広の二重まぶたが似合いそうです。内側の蒙古ひだはありますが、目頭切開は希望されずに、切開法できれいな二重まぶたになりました。
症例26 二重まぶた 切開法・脱脂
症例画像 症例画像

症例26 二重まぶた 切開法・脱脂 25歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT まぶたをよりすっきりさせるために、余分な皮膚を1㎜幅で切除し、眼窩脂肪を適度に脱脂したうえで二重まぶたを7mmで固定しました。すっきりとした目元の二重まぶたになり、大変満足していただきました。
症例27 二重まぶた 切開法
症例画像 症例画像

症例27 二重まぶた 切開法 24歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT 二重はそれほど広くなくてもいいので、平行型にはこだわりたいとのご希望でした。平行型の二重まぶたにするには目頭切開を追加するのが確実ですが、術後の変化が大きいこと、蒙古ひだが少ない方に行うと、目が近寄りすぎて不自然になってしまうことがあるなどのリスクもあります。術前のカウンセリング時にしっかりと希望をお聞きし、シミュレーションでどのような二重になるのかを十分に説明して納得していただくことが極めて重要です。自然な平行型になり、大変満足していただきました。
症例28 二重まぶた 切開法・目頭切開
症例画像 症例画像

症例28 二重まぶた 切開法・目頭切開 22歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT この方の希望は、なるべくパッチリとした平行型にしたいということです。埋没法では難しいと判断し、切開法で皮膚の切除と脂肪の除去をしたうえで、目頭切開も同時に行いました。ご本人も、埋没法で中途半端な二重になったり、取れてしまうのは嫌だということで、切開法を希望されました。
症例29 二重まぶた 切開法
症例画像 症例画像

症例29 二重まぶた 切開法 19歳女性 【担当:藤井先生】

DOCTOR’S COMMENT 元に戻らない二重まぶたを希望して切開法の手術を受けられました。患者さんの希望は末広型で自然な感じの仕上がりとのことでした。術後1か月目はまだむくみが少し残っている状態でしたが、術後3か月目の経過観察の時にはすっかり完成状態になっており、ご希望通りの自然な感じの末広型の二重まぶたになったと喜んでいただけました。切開法は埋没法に比べてダウンタイムが長いという弱点がありますが、そのかわり、効果が永久で元に戻る心配をしなくてもいい安心感があります。埋没法にするか切開法にするかはカウンセリング時に一緒に考えて最適な方法を提案させていただくようにしています。


フリーダイヤル(全国) いいおんなにハロー 0120-107-286 フリーダイヤル(いわき院専用) いいおんなよゴーゴー 0120-107-455 受付時間10:00~19:00(日祝18:00まで)
メールでの無料相談 無料カウンセリング予約

お電話でのお問い合わせ 電話受付時間 10:00~19:00(日祝~18:00)

  • 全国
  • 八戸
  • いわき
  • カウンセリング予約
  • メール相談

ドクターズブログ

クリニック一覧

各院ページはこちら(動画や写真で院内が見られます)

タウン形成外科クリニック CM