東京(表参道)、青森、八戸、盛岡、仙台、郡山、いわき タウン形成外科クリニック[美容外科][形成外科][皮フ科]医療法人きびたき会

電話受付時間 10:00 - 19:00(日祝 - 18:00)
クリニック
一覧

二重まぶた、目の手術【タウン形成外科クリニック】

電話受付時間 10:00 - 19:00(日祝 - 18:00)
二重まぶた 二重まぶた
美容整形TOP > 美容整形用語集 > 二重まぶた、目の手術

二重まぶた、目の手術

二重まぶたにする手術(重瞼術)において、埋没法の基本的な糸の止め方とその数。二重予定ラインに沿って皮膚に2か所の針穴をあけ、1~2本の糸を使用して皮下から瞼板を通して結膜側に出し、また逆に針と糸を通して結ぶことで、開眼時に眼瞼挙筋の動きが皮膚に反映され、皮膚上のラインが奥に入り込むことで二重まぶたとなる。さらに結び方を工夫した術式も様々あり、さらに確実性を増すために3点、4点など止める場所を増やす場合もある。
まぶたの上や下のたるみを解決する手術は、フェイスリフト(顔のリフト)などと区別して、俗にアイリフト(目のリフト)とも呼ばれる。
上まぶたの脂肪が厚い人が二重まぶたの埋没法を希望する場合、埋没法の小さな穴から、同時に眼窩脂肪を取り除く手術。皮下組織、眼輪筋を少しずつ除去しながら眼窩隔膜に到達させ、そこから脱脂を行う。通常の脱脂手術では切開法が必要であったが、腫れがきわめて少なく同じような効果を出せるのが特長。二重まぶたを希望しない場合でまぶたの厚みだけを解消する場合は、埋没法をせずに、単に脂肪だけを取り除くことも可能である。
上まぶたのたるみに対して、埋没法では難しい場合、とくに皮膚のあまりが多い、皮膚が厚い場合などに切除法を行なう。同時に重瞼作成する場合もある。
上まぶたがたるんでくると見た目だけの問題ではなく、瞳孔に重なり、視野を狭めることもある。たるみ取りは埋没法で対応できることもあるが、原則としてあまった皮膚のたるみはなくならないため、切開法を選択するのが望ましい。
上まぶたのくぼみのことで、加齢とともに眼窩脂肪が萎縮したり、眼窩内で下まぶたへ脂肪が下垂していくことで起きたり、眼瞼挙筋腱膜の非薄化などでも起きる。英語ではSunken eyeという。修正方法としては、上眼瞼への脂肪注入や眼瞼下垂に準じ挙筋前転または短縮手術(aponeurotic surgery)で治療する。軽度のくぼみであれば、ヒアルロン酸で行うことも可能だが、重度のくぼみの場合はやはり手術が必要となる。
下まぶたのたるみに対して、皮膚、眼輪筋を切除して引き上げる手術。眼窩脂肪を同時に切除することも多い。
下まぶたのふくらみ(Baggy eye)が目立つ場合で、皮膚そのもののたるみは少ない場合は、結膜側に小さな切開をして眼窩脂肪を摘出する手術。皮膚を切らないのでダウンタイムが少ないことが特長。
下まぶたのたるみ取りの手術後に見られるアッカンベーになっている状態。術後に一時的腫れによるものであれば経過とともに改善するが、皮膚の取りすぎなどによる場合は修正手術が必要となる。
二重まぶたの形の一種で、目頭部分から目尻まで、二重のラインがほぼ同じ幅で並行になっていることからこう呼ぶ。並行型の二重まぶたは、目が大きく見え、また、二重まぶたと睫毛に挟まれた部分の皮膚へのアイメイクなどがしやすく、華やかな印象をあたえるために、若い女性には好まれやすい。日本人には少ないタイプで、幅の広い二重まぶたにする手術の場合に作ることは可能だが、目頭に蒙古ひだがかぶっているとこの形はできにくいために、目頭切開を追加する必要がある。
一重まぶたを二重まぶた(重瞼)にする手術で、埋没法に比べて確実な方法。二重の希望の幅が広い、まぶたが厚い場合、埋没法で二重が薄くなったり、ラインが消えてしまった場合には適応になる。皮膚を切開し、眼輪筋、瞼板前組織などを切除したのちに、皮下と瞼板とを縫着することによって、二重まぶたを作る。場合によって眼窩脂肪を少量摘除することもある。確実な二重まぶたをすくることができるが、術後に腫れが長引くのがやや難点。
一重まぶたを二重まぶた(重瞼)にする手術で最もポピュラーな方法。まぶたの皮膚に2か所もしくは3か所に針穴ほど開けて、糸で結びつける方法。結び方は様々あるが、いずれも糸がまぶたの皮下に埋没するためにこう呼ばれる。従来からある切開法に比べ、腫れが少なく短時間で行なえるという利点があるために、日本を中心としてアジアで盛んに行われる。しかし半面、まぶたが厚い、皮膚のたるみがある場合などは、経過とともに糸が取れやすい、二重が戻りやすいなどの欠点もある。
二重まぶたの形の一種で、目頭から目尻にかけて、二重まぶたの幅が少しずつ広がっていく(末広がりになっていく)形。日本人の二重まぶたに多いタイプで、一重まぶたの人を二重まぶたにする際に、奥二重や幅の狭いタイプを希望する場合は、手術によってほとんどがこのタイプの二重まぶたになる。また、蒙古ひだがあるタイプでは、幅の広い二重まぶたを作ってもこの末広型の二重まぶたになるため、並行型の二重まぶたを希望する場合は目頭切開を行う。
下眼瞼縁に存在するふくらみで、笑う時にはっきり見える。眼輪筋の収縮によるものと考えられ、目元の華やかさが出るので、これを希望する場合ことがある。ヒアルロン酸注入か切開法で手術する。
下まぶたにふくらみをつけることで女性らしい目元になるため、多くの女性が希望する治療。最も多く行われるポピュラーな方法としては、ヒアルロン酸などの注射などで膨らみを作ることが多いが、問うぜ、吸収性があるために繰り返し行う必要がある。また、切開手術で行なうことも可能であり、笑顔の表情を作るときに眼輪筋の収縮によって涙袋ができるので、切開法でその筋肉を縫縮するようにすることで盛り上がりを作成する方法があり、術式が難しいので一部の専門のみが行っている。
目尻部分を横方向に切開することで上下に開くために、目を大きく見える手術であるが、先天的に目尻部分が癒着している場合は積極的に形成手術が行われるが、単に目を大きくするだけの目的において手術には、専門医の間でも賛否両論がある。結果的に術後にラインがきれいに出ない、術直後はよいが、経過とともに後戻りしやすい、肥厚性瘢痕(ケロイド)が起きやすいことなどであまりポピュラーな手術とは言えず、手術適応は慎重にすべきである。
東洋人特有の目頭部分の余った余剰皮膚を内眼角贅皮といい、一般的に蒙古ひだと呼ばれる。これがあることで、実際には眼球の距離は正常であるが、目と目の距離が離れて見える。35mm以上の距離があると離れているとされる。このことで、顔全体が幼い印象を与えたり、パッチリとした二重まぶたにならないことが多い。このひだを切開することで、目を大きく見せたり、並行型の二重まぶたにすることができる。手術方法は様々だが、内田法、Z形成などが一般的である。
上まぶたのたるみそのものより、眉全体の下垂が目立つ場合に、眉の上もしくは下のラインで皮膚を切除して引き挙げる方法。
上まぶたを持ち上げる筋肉が弱いことで起きる現象で、片側、両側のどちらも見られる。生まれつきによるもの、老化現象による下垂、コンタクトレンズの長期使用や外傷などによる機械的損傷、神経焼きにんにくの麻痺性疾患などが原因になる。まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が十分でないので、それを補うために挙筋を短縮したり、縫い縮める(前転させる)方法があり、先天性など程度が強い場合身体の他の部分の腱膜で代用することもある。埋没法の要領で行うことも報告されているが、原則的には切開法で行うのが結果がより良い。
まぶたを持ち上げるために作用する重要な筋肉である。一重まぶたを二重まぶたにするには、埋没法でも切開法であっても、皮膚の表面と眼輪筋との何らかの交通を作成することが必要で、その交通がまぶたを持ち上げたときに、引き上げによる凹み(すなわち二重まぶたの線)を作るのである。この眼輪筋の筋肉の力が弱い場合は眼瞼下垂といって目が開ききらない、眠そうなまぶたの状態になってしまう。原因としては先天的によるもの、老化現象、外傷などがある。
目の周りの眼窩部分に存在し、眼球を保護するように取り囲んでいる脂肪。上まぶたの厚い人が重瞼手術を行う場合に、すっきりとした上まぶたに見せるために眼窩脂肪の一部を切除すると効果的である。 また、下まぶたのたるみ取りである下眼瞼除皺手術では、眼窩脂肪がふくらんでいるBaggy eyeタイプの場合、脂肪を除去必要がある。下眼瞼では、眼窩脂肪の分布が3つのエリア(コンパートメント)に分かれており、それぞれ必要な量を脂肪除去する。
目の周りの輪状に薄く広がっている筋肉で、上下のまぶたを閉じたり、涙嚢を広げる働きがある表情筋である。二重まぶたの切開法や上まぶた、下まぶたのたるみ取りの手術では皮膚や脂肪とともに一部切除することでまぶたの厚みを減らし、すっきりとした二重まぶたを作ることができる。ちなみに手術の際に切除しても機能的には何ら問題はない。
まぶたが厚い人の場合の上まぶた、加齢によるたるみなどにより下まぶたが腫れぼったい場合、それらの眼窩脂肪を取り除くことで腫れぼったいまぶたやたるんだまぶたをすっきりさせる手術。上まぶた、下まぶたともに皮膚を切開する場合と、皮膚や結膜側の小さな穴から取り除く方法がある。ただし、脱脂を多くしすぎると、かえってしわや目のくぼみが強調されて老化したように見えることもあるので、適切な手術適応や手術の加減は重要である。

ドクターズブログ

クリニック一覧

各院ページはこちら(動画や写真で院内が見られます)

タウン形成外科クリニック CM