東京(表参道)、青森、八戸、盛岡、仙台、郡山、いわき タウン形成外科クリニック[美容外科][形成外科][皮フ科]医療法人きびたき会

電話受付時間 10:00 - 19:00(日祝 - 18:00)
クリニック
一覧

目頭切開の他院修正 表参道 青森 盛岡 仙台 郡山 いわきタウン形成外科クリニック

電話受付時間 10:00 - 19:00(日祝 - 18:00)
二重まぶた 二重まぶた

目頭切開の他院修正

東京の表参道や東北の各院になかなか来院することができない全国でお悩みの方々のために、名古屋、大阪、福岡、札幌エリアで無料相談会を開催しておりますので、これを機会にぜひご相談ください。プライバシーを重視した個別の相談会ですのでご安心ください。

二重まぶた、上まぶた、下まぶたの他院修正などに関するページ一覧


目頭切開の手術後のトラブルの例


目頭切開の手術後のトラブルの例には様々のものがあります。

効果がなかった

  • 【効果が見られない目頭切開】
    目頭切開では、選択する術式やデザインによって、手術が控えめになりすぎてあまり効果が見られない場合があります。

  • Dr.石原信浩による解決策のアドバイス

    目頭切開法には様々な術式があり、代表的な方法としてはZ形成、内田法(W形成)などがあります。私自身は、目頭切開単独であればZ形成を用いることもありますが、二重まぶたの切開法と組み合わせたり、デザインに細かいこだわりのある方には内田法をお勧めすることが多いです。

ラインが不自然

  • 【目頭切開の不整な形】
    目頭の形がいびつ、ラインがガタガタ、不自然なしわが出来た、など様々です。

  • Dr.石原信浩による解決策のアドバイス

    目頭切開では選択する術式やデザインが様々なので、適切な手術が行われないと様々な不整ラインができることがあります。経験のある医師が適切なデザインで修正手術を行うことで改善できると思います。

傷が目立つ

  • 【傷跡が目立つ】
    目頭切開では、ひきつれの様な傷、凹み、盛り上がった肥厚性瘢痕(ケロイド)が残ることがあります。

  • Dr.石原信浩による解決策のアドバイス

    目頭の傷跡については、レーザーで改善できることはあまりありません。肥厚性瘢痕であればステロイドの注射で改善することができ、ひきつれや凹みなどを修正するには、もう一度丁寧に縫合しなおすか、古川法を応用した蒙古ひだ形成で隠すことが可能です。

元に戻したい

  • 【元に戻したい】
    目頭切開後を受けた後で、イメージと違った、または過剰に行われて目と目の間の距離が近くなりすぎて不自然になったので戻したいという方が多くいらっしゃいます。

  • Dr.石原信浩による解決策のアドバイス

    目頭切開の術後に元に戻すのは極めて難しいとされています。最も適しているのが、V-Y法の理論を応用した古川法で、ほぼ元に近い形まで戻すことはもちろん、控えめに少しだけ戻すことも、手術中に患者さん自身が鏡で確認しながら、調整して決めることもできる手術です。


  • Dr石原の目頭切開の他院修正術では、手術中に患者さんが鏡で確認していただけます。


目頭切開の他院修正の学術実績(Dr.石原)

■ 主な学会発表(日本美容外科学会)
 「過大な目頭切開を戻す修正手術」
 「過大な内眼角形成術を戻す修正手術」(JSAPSシンポジウム)
 「眼周囲の術後を元に戻す他院修正」(JSASシンポジウム)

■ 主な医学発表(その他の学会)
 「過度な内眼角形成術を戻す修正手術(古川法)の工夫」(日本形成外科手術手技学会)



症例写真(目頭切開の他院修正)

症例 1  他院二重切開法+目頭切開術後(傷が目立つ)

症例1 他院二重切開法+目頭切開術後(24歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
切開法後に左側だけ二重まぶたが薄い、目頭の傷のへこみ
修正手術にあたってのご希望:
左右を合わせた二重にしたい、目頭の傷をきれいにしたい
症例画像 症例画像

他院二重切開法+目頭切開術後 24歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「数年前に他院で二重まぶたの切開法と目頭切開を受けた方です。右側はきれいに二重のラインができていますが、左のラインがやや薄くなってきたとのことです。 たしかに左はラインが薄く、右との差は明らかです。また内側から目頭へ移行する二重のラインも波打ったように不整です。さらに、左の目頭切開の傷跡のへこみも気になるとのことです。一見すると修正は難しいように見えますが、ドクターに十分な経験と技術があれば、それほど困難ではないと思います。再度、切開法でラインをしっかり作り直し、目頭の傷跡は細く縫い縮めました。術後は、きれいな二重になり、左右差も整いました。目頭の傷跡はまだ若干、赤いですがもっと目立たなくなります。」
症例 2  他院二重切開法+目頭切開術後(元の形に戻したい)

症例2 他院二重切開法+目頭切開術後(27歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後に目が近すぎて見える、切開法後の幅が広すぎる
修正手術にあたってのご希望:
目頭切開を元に戻したい、二重の幅を狭くして自然にしたい
症例画像 症例画像

他院二重切開法+目頭切開術後 27歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「他院で目頭切開二重切開法を受けた方です。二重の幅が広すぎるのも悩みですが、目頭切開の手術が過度に行われているために、両目が極端に近くに寄っていて涙丘(ピンク色の肉の部分)が見えすぎてしまっています。ご本人の希望は二重の幅を狭くすると同時に目頭切開を元に戻したいとのことです。余剰皮膚を取っている内田法による手術だと思われるので、完全に元に戻すのは残念ながら無理ですが、V-Y法を応用した方法でここまで自然な目頭の形に改善させることできました。術後写真は、2年後に別の治療でいらしたときのものですが、傷跡もほとんど目立ちません。目頭が変わるとこれだけ別人のように見えますが、間違いなく術前・術後ともに同一人物です。」
この方の切開法の修正に関してはこちらをご覧ください。
症例 3  他院目頭切開術後(元の形に戻したい)

症例3 他院目頭切開術後(31歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の目が開きすぎている 傷跡の食い込みが目立つ
修正手術にあたってのご希望:
元の目頭に戻したい 傷跡を目立たなくしたい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 31歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「目頭切開の手術後に、開きすぎた目頭を戻す修正手術は、V-Y法を利用した古川法が最良の手術法だと確信して数多く行ってきました。間違いなく、国内では私が最も症例を多く経験していると自負しております。古川法の手術の大きなメリットは、目立つ傷跡を隠すことができること、手術中に鏡で見ながら調整ができることの二つです。目頭をどこまで戻すかという正解はなく、患者さん自身の好みによるものです。古川法では手術中に鏡で見ていただきながら、ちょうどいいか、もう少し戻すのか、もしくは戻し過ぎだからまた開く、ということも可能です。この方は目頭切開が開きすぎていて、極力元の目に戻したいというご希望です。さらに、食い込み気味の傷跡も気になるというお悩みでした。手術中に何度も鏡で見ていただきながら、どこまで戻すかを決定しました。」
症例 4  他院目頭切開術後(元の形に戻して左右差をなくしたい)

症例4 他院目頭切開術後(35歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の目が開きすぎて左右差がある へこみのような傷跡が目立つ
修正手術にあたってのご希望:
左右差をなくしたい 傷跡を目立たなくしたい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 35歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「もともと目頭の形に左右差があり、約10年前に他院で二重まぶた切開法と同時に右目のみ目頭切開を受けたのですが、開きすぎてかえって左右差が大きくなり、しかも不自然な傷跡が残ってしまったとのことです。ご覧の通り、右目は平行型で、左は末広型です。さらに、右目の目頭部分にはへこんだような傷跡があります。患者さんは右目の修正手術を希望され、左目に近づけて左右差をなくし、できれば傷跡も目立たなくしたいとのことでした。古川法の術後には、左右差はほぼなくなり、右目頭のへこみのような傷跡が無くなっています。傷跡は切り取ってしまったのではなく、上下を寄せて縫い合わせた皮膚のすぐ裏側に隠れてしまうことで、きれいになったのです。これが古川法の最大のポイントです。」
症例 5  他院目頭切開術後(元の形に戻したい、傷跡をきれいにしたい)

症例5 他院目頭切開術後(27歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の目が開きすぎている 傷跡が目立つ 切開後の二重の幅が広い
修正手術にあたってのご希望:
少しだけ元の形に戻したい 傷跡を目立たなくしたい 二重の幅を狭くしたい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 27歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「他院で二重の埋没法1回、切開法2回、目頭切開法を2回と修正手術を繰り返してきた方です。お悩みは二重の幅が広すぎることと、目頭の開きすぎとその傷跡で、二重を自然なレベルの末広型にして、目頭は蒙古ひだが少しある位まで戻したいというご希望です。切開法で作った二重の幅を狭くするのも困難な手術で、当院の上茂先生が数多くの症例を経験されている第一人者ですので、そこはお任せしますが、まずは目頭切開を戻す手術で末広型にするだけでも十分に自然に見えるので、まずは先に私が手術を担当しました。術後3カ月の写真では、まだ少し傷の周囲に赤みが残っていますが、形はご本人の希望通りで、大変満足していただきました。さらに、二重の幅を狭くする修正手術を、上先生が行う予定です。」
症例 6  他院目頭切開術後(元の形に戻したい)

症例6 他院目頭切開術後(35歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の目が開きすぎて不自然
修正手術にあたってのご希望:
なるべく元の目に戻したい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 35歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「目頭切開の手術を受けた後に、不自然に開きすぎた、もしくは不自然とは言えないが、やはり元の目に戻したいという修正手術は、いくつかの方法が言われていますが、やはり古川晴海先生が発表されたV-Y法を利用した古川法が最良の手術法だと思っています。この方は、韓国で受けた目頭切開が開きすぎていて、なるべく元の目の形に戻したいというご希望でした。私の手術では、手術中に鏡で見ていただきながら、どこまで戻すかを患者さんと相談しながら決めるようにしています。術後3か月の写真では、目頭の蒙古ひだが自然の形に戻っています。傷跡はほとんどわからないと思います。」
症例 7  他院目頭切開術後(少しだけ元の形に戻したい)

症例7 他院目頭切開術後(32歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の目が開きすぎている
修正手術にあたってのご希望:
ほんの少しだけ元の形に戻したい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 32歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「この方は、目頭の開きや距離は特に開きすぎで不自然ということはありません。ただし、肝心なのは患者さん自身がどう感じるかです。目頭切開の手術はそもそも蒙古ひだのある方や、目をより大きく見せたい方のために、二重まぶたの手術と同時に行うことが多いのですが、比較的安易に受けてしまった結果、変化が大きいためにどうしてもそれを受け入れられない方が多々見られます。それらの方々の中には、すっかり元に戻したいという方、少しだけ戻したいという方、そしてどれがご自分に合っているかわからない、という方もいます。修正手術をしても、やはりご自身の希望通りではなかったとなるのは大変不幸なことなので、絶対に避けたいと思っています。そのために、私が行う古川法による目頭切開修正手術は、手術中に鏡で確認していただきながら行っているのです。この方も手術中に確認していただいて、結果的に控えめに少しだけ戻すことになりました。」
症例 8  他院目頭切開術後(傷跡をきれいにしたい)

症例8 他院目頭切開術後(26歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の傷跡が目立つ
修正手術にあたってのご希望:
目頭の形をなるべく変えないで傷跡を隠したい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 26歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「数年前に目頭切開を受けたのですが、傷跡が気になり、韓国で修正をしてもらったら、さらに目立ってしまったというお悩みの方です。この方は、目頭の形はなるべくこのままで、傷跡だけなくしたいというご要望です。目頭切開を受けてせっかく平行型にしたので、やはり末広型には戻したくないということです。残念ながら、古川法で全く形を変えないわけにはいかないので、なるべく変化を小さく、しかし、悩みの原因となっている傷跡は隠さなければいけないのでそのあたりの調整は難しいのですが、手術中に身体を起こして鏡で確認していただき、気になる傷が確実に隠れているか、また、目頭をどこまで戻すか(戻さないか)、を患者さん自身に十分に納得していただくことができます。この方は、目頭の形を大きく変えることなく、平行型を残しながら、傷跡は隠すことが出来ました。」
症例 9  他院目頭切開術後(少しだけ形を戻したい)

症例9 他院目頭切開術後(28歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の目が開きすぎて不自然
修正手術にあたってのご希望:
自然な感じに少しだけ形を戻したい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 28歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「この方は、過去に二重の切開法以外に、目頭切開を2回受けており、目頭の開きすぎで涙丘も完全に見えてしまったとのことです。涙丘というのは、目頭の眼球に接して存在するピンク色の肉のことで、腺組織として涙分泌の調整などに関わっています。希望としては、完全に戻したいのではなく、自然なレベルに少しだけ戻したいとのことです。目頭修正の古川法を私なりにアレンジしてきた方法で、蒙古ひだを作成します。いつものように、手術中に手鏡で見ていただきながら、希望に応じて戻し具合を調整しました。完全に元に戻すのではなく、執刀医が大体このくらいと決めるのでもなく、“ご本人が考える自然なレベル”まで戻すことができる、これが古川法の最大のメリットです。」
症例 10  他院目頭切開術後(元の形に戻したい)

症例10 他院目頭切開術後(23歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の目が開きすぎている 目頭の形がいびつ
修正手術にあたってのご希望:
目頭の形を元に戻したい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 23歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「この方は他院で目頭切開を受け、下に向かって食い込んだように開きすぎていることに違和感があるとのことで、ご希望は、蒙古ひだのあった元の形に戻したいということです。手術した目頭の形を、全く完全に元に戻すことはできないのですが、カウンセリング時に元の写真を持ってきていただけると、鏡で見ていただきながら、どこまで戻せるかをシミュレーションすることができます。この方も手術中に手鏡で確認していただきながら、元の目頭の蒙古ひだの形まで戻し具合を調整しました。術後には、ほぼ元の形の目頭になったとのことです。」
症例 11  他院目頭切開術後(傷跡をきれいにしたい)

症例11 他院目頭切開術後(28歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の傷跡が目立つ
修正手術にあたってのご希望:
目頭の形はあまり変えずに傷跡をきれいにしたい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 28歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「5年前に切開法の二重まぶたと同時に目頭切開を受けたということでしたが、左目頭の、食い込みのような傷跡を無くしたいというお悩みです。ご相談にいらっしゃる患者さんの多くに、このような傷跡を見かけます。二重切開法と目頭切開の手術を同時に行うことは、デザインのバランスを考えてもいいことだと思うので、私もよく同時手術を行いますが、気をつけなければいけないのは、二重の切開(全切開)によって、縫い合わせることによるテンション(引っ張られる程度)がそれなりにあるので、目頭の縫合を丁寧に行わないと、目頭の縫合部に負担がかかり、術後に、徐々に傷が広がってしまい、このような傷跡になってしまうリスクがあるのです。
この方は、目頭の開き具合はなるべく変えたくないというご希望でしたので、傷が隠れる必要最小限の古川法で行いました。それでも、平行型が末広型になるのは、この手術では(本来はそれが目的ですから)致し方ないことと、ご理解、ご了承いただいたうえで、手術中に実際に鏡で見ていただきながら、戻し具合を調整しました。」
症例 12  他院目頭切開術後(元の形に戻したい)

症例12 他院目頭切開術後(21歳・男性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の形が不自然
修正手術にあたってのご希望:
なるべく元の目の形に戻したい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 21歳男性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「20代の男性で、片目のみ目頭切開を受けたのですが、不自然な感じがして、思っていたイメージとも違ったとの悩みでした。目頭には、皮膚の余りと傷跡のようなラインだけが残り、きれいな平行とも言えず、不自然な印象を与えます。修正手術には、目頭のラインをしっかり食い込ませ、余っている皮膚を切除する選択肢もありますが、この方は、限りなく元の形に戻したいということでしたので、私が得意とする古川法で修正を行いました。「変える」のではなく、「元に戻したい」のがご希望でしたから、皮膚の余りは切除したのではなく、縫い合わせた皮弁によってほぼ隠しました。ご本人曰く、自然な末広型に戻りました、とのことです。」
症例 13  他院目頭切開術後(少しだけ形を戻したい)

症例13 他院目頭切開術後(31歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の目がイメージと違った
修正手術にあたってのご希望:
目頭切開の目を少し戻したい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 31歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「この方の右目は、決して目頭が開きすぎということはありませんが、ご本人としては半分くらい戻して、できれば傷跡も目立たなくしたいというご希望でした。私が用いる古川法は、形成外科でのV-Y法という術式を応用したものです。術前のデザインで大きさと方向、さらに手術中に縫い合わせる程度を調整しながら行う難易度の高い手術です。修正手術後は、目頭の涙丘(ピンク色の部分)が半分ほど隠れ、平行型の二重がやや末広型に近づきました。白い斑点のように見える3か所の傷跡も目立たなくなり、満足していただきました。」
症例 14  他院目頭切開術後(傷跡をきれいにしたい)

症例14 他院目頭切開術後(27歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の傷跡が目立つ
修正手術にあたってのご希望:
傷跡をきれいにしたい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 27歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「この方の傷跡は、目頭の角(内眼角)の凹み部分が上下に長く、面積が広いので、傷跡を切除する切縫法を行うと、目頭はさらに大きく広がってしまいます。患者さんがそれを望まない場合は、傷跡を取るのではなく、隠す方法を選択します。それが古川法です。古川法は、本来は目頭切開によって目頭が開きすぎた場合に元に戻す方法ですが、開いた目頭の皮膚を眼球方向に戻すように多い被せていくため、傷跡を隠すことができるのです。ただし、古川法は目頭の形を戻すことになるので、平行型の二重が末広型に、末広型の二重は、より狭い二重に変化します。この点を十分に了解していただいた方のみにこの修正手術を行います。術後の結果は、凹みの傷跡は取ってしまったのではなく、隠れているのです。鋭かった目頭の角度(内眼角)が丸みを帯びた形になっています。これも患者さんが理解され、希望通りになっています。」
症例 15  他院目頭切開術後(傷跡をきれいにしたい)

症例15 他院目頭切開術後(23歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
目頭切開後の傷跡がへこんで目立つ
修正手術にあたってのご希望:
目頭切開の目を少し戻したい
症例画像 症例画像

他院目頭切開術後 23歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「他院で目頭切開を受けたのですが、左のへこんだような傷跡が気になるとのことです。これを修正する手術には、私が得意とする古川法で行うことができますが、そのためには目頭の形を元の末広型に戻す(もしくは近づける)必要があります。なぜなら、そもそも古川法による目頭修正手術は、平行型にした目頭を元の末広型に戻すための手術であり、その手術によってついでに傷跡を隠すこともできるというものなのです。この方のように、形は気に入っており、決して元の形に戻したいというわけではない場合は、古川法は適しません。それではどのような方法で修正するかというと、へこんだ傷跡部分を切除してきれいに縫い直すことになります。ただし、この方法にも注意しなければならない点があります。傷跡を切除することで、残った皮膚同士をきれいに縫い合わせるのですが、その際に左右の皮膚が引っ張られることになります。そのため、鼻側の皮膚は組織が強く固定されているために、寄せられてもほとんど皮膚の移動はないのですが、眼球側の皮膚は動きやすいためにかなり寄せられることになります。結論を言うと、皮膚を切除して縫い合わせる修正手術によって目頭がさらに開くことになるのです。そのため、目頭をこれ以上開きたくない、という場合はこの手術を行えませんし、多少なら開いてもいいという場合でも不自然に開きすぎたり、左右のバランスが崩れてしまっては元も子もないので、皮膚を切除して縫い合わせることで傷跡が今よりきれいになり、さらに、目頭の形が不自然に変化しないという医師の見極めが重要になります。この方には、傷跡を十分にきれいにすることができ、しかも目頭の形が不自然に開きすぎたり、左右差がおかしくならないと判断したうえで手術をお勧めして行いました。」
症例 16  蒙古ひだ形成

症例16 蒙古ひだ形成(31歳・女性)

他院術後の患者さんのお悩み:
生まれつき目と目の間の距離が近い
修正手術にあたってのご希望:
目頭の形を優しくして、目と目の間の距離を広くしたい
症例画像 症例画像

蒙古ひだ形成 31歳女性 【担当:石原先生】

DOCTOR’S COMMENT  「生まれつき目頭の間の距離が開き気味で目が近すぎて見えるのと、それによりきつい印象を与えるのが嫌だと気にされて、目と目の間を広くしたいというご希望の30代の方です。このような希望をおっしゃるケースは極めて珍しいと思いますし、実はこのような要望の方の手術をしたことは今までありませんでした。しかし、他院で目頭切開を受けた後ではない方でも、目頭の間の距離を広くするには蒙古ひだを形成することになるので、古川法の理論と手術内容は同じなのです。手術中に患者さんに鏡で見ていただきながら、目と目の間の距離を決定しました。術後の写真はまだ3か月のため傷がやや赤いですが、もちろん、もっと目立たなくなっていきます。」


ドクターズブログ

クリニック一覧

各院ページはこちら(動画や写真で院内が見られます)

タウン形成外科クリニック CM