脂肪吸引

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。

ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました。

脂肪吸引2
脂肪吸引の歴史

【脂肪吸引の歴史】


脂肪吸引は、アメリカやヨーロッパなどで最も多く行われる美容外科手術で、年間数十万件以上行われているとされます。
近年、日本においても、二重まぶたや鼻を高くする手術などと並んで、最も人気があり、そして多く行なわれる手術のひとつとなりました。

美容目的で、脂肪除去治療が最初に行われたのはフランスで
1921年のことです。
当時は、鋭いさじのような器具(鋭匙といいます)で皮下脂肪を引っ掻きだす、という現在のやり方では考えられないほど荒っぽい手技で行っており、重大な医療事故が起きたことがきっかけでその後は行われなくなりました。

しばらくして、やはり脂肪除去は患者さんの希望であったため、美容外科医たちは年月をかけて研究と進歩を重ねることで、
1970年代になり、同じくフランスで現在のスタイルに近い、細い金属の管(カニューレ)を使用した安全な脂肪吸引が行なわれるようになりました。 さらにその後、器具や技術の格段の進歩とともに、脂肪吸引は日本をはじめとして世界中に広まり、今日に至っています。

現在では、経験豊富な専門医によってとても安全かつ効果的な脂肪吸引が行われるようになっております。


◆無料カウンセリング実施中   無料カウンセリング予約はこちら

>>脂肪吸引トップへ
▲ 脂肪吸引の歴史  TOP  
タウン形成クリニックコピーライト