しわ・たるみ(フェイスリフト)

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。
▼脂肪注入の症例写真・画像はこちら

脂肪注入

脂肪注入とは

【脂肪注入とは?】

まぶたの上や下のくぼみ、痩せたこめかみ、こけた頬などに自分の脂肪を少量吸引したものを注入して ふくよかにすることで輪郭に丸みを与えたり、若々しくすることができます。
また法令線などのしわを浅くすることにも有効です。 ヒアルロン酸などの注射と違って、いったん定着すれば何度も繰り返す必要がなく、自分の脂肪を使うので安全、安心感があります。

また、吸引した脂肪で豊かなバストにする脂肪注入豊胸術も行なえます。→くわしくはこちらへ
■脂肪注入術

顔のへこみやくぼみに注入することで輪郭の形成、若返りを図ります。

●脂肪注入術


・日帰り手術
・局所麻酔(ときに鎮静麻酔)
・時間30〜45分(部位による)
・抜糸 7日(必要がない場合も)
・通院1〜2回
・シャワー、洗髪 傷を濡らさなければ当日より可

脂肪注入が行える部位

脂肪注入術

【脂肪注入が行なえる部位】

上まぶた、下まぶた、ゴルゴンライン、こめかみ、頬など

【Dr.石原が答える美容外科の毎日Q&A】 

毎日、患者さんから来る美容外科の生の質問に、石原先生が一問一答式にお答えしています。

Dr石原による美容外科Q&Aページ(脂肪注入)はこちらへ


当院における脂肪注入の流れ

【当院における脂肪注入の流れ】

お電話・メールでのご予約

学会認定専門医とのカウンセリング

お申込・治療(内容によりカウンセリング当日治療が可能)

治療時間、抜糸、アフターケアなどについてはこちら







【脂肪注入の症例写真・画像〜学会認定専門医Dr.石原、Dr.上、Dr.工藤による症例〜】


他院二重まぶた術後切開修正法+目のくぼみ(35歳・男性)症例写真・画像 修正手術担当医 上先生
Dr.コメント 「他院で右目の切開法による二重まぶた手術を受けられた方で、手術後に目の開きが悪くなり、上まぶたの凹みが強くなってしまったとのことです。当院で、修正の切開法で目の開きをよくし、その5ヵ月後に上まぶたのくぼみに脂肪注入手術を行いました。最初の私の修正手術から7ヶ月目、脂肪注入手術後10週目です。目の開きがよくなり、目のくぼみも改善しています。」



上まぶたのくぼみ手術(脂肪移植)(60歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 工藤先生
Dr.コメント 「両側の上まぶたの強い陥凹(くぼみ)に対し、しっかり治したいというご本人の希望もあり、脂肪注入ではなく真皮脂肪移植を行いました。重瞼ラインの切開から大きめに剥離し、二の腕の内側より採取した真皮脂肪をくぼみの部位に移植しました。術後6か月で、とてもよく改善しています。移植組織の、経過による萎縮も落ち着いているので完成です。ダウンタイムがやや長めになりますが、その分改善効果も高い治療法です。移植脂肪組織は、多少、萎縮する分も考慮し、少し大きめに入れることがこの手術のポイントです。」



頬のくぼみ(42歳・女性)症例写真・画像 手術担当医 石原先生
Dr.コメント 「年齢とともに頬のくぼみが気になってきたとのことです。太ももより少量の脂肪を吸引し、頬に注入しました。多く注入しすぎると重力で垂れ下がってしまい若返りとしては逆効果ですから、加減がとても大切です。さらにリフトアップさせる治療を加えるとよりいいかと思います。」
タウン形成クリニックコピーライト