豊胸術1

タウン形成外科クリニック CM

同意書(未成年用)

HOME(English)

HOME(Russian)

HOME(Korean)

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

私たちと一緒に働きませんか?ナース募集 新卒者も歓迎

spへ移動

携帯サイト(ガラケー)QRコード
携帯電話のカメラでQRコードを取り込んで、携帯サイトへアクセスできます。
※機種によってはQRコードを読み込めない場合もあります。
青森、盛岡、仙台、郡山院はこちら!
いわき院はこちら!

line

豊胸術
その他のバック(ハイドロジェル、CMCバッグなど)

【使用されなくなったその他のバック(ハイドロジェル、CMCバッグなど) 】


ハイドロジェル・バッグとはムコ多糖類という砂糖やでんぷん質に近い成分で構成されるインプラント・バッグです。

また、CMCバッグとは、生理食塩水、CMC(カルボキシメチルセルロース)、 メチレンブルーの混合物質からなるこれもハイドロジェル・バッグです。
CMSバック 他院で豊胸術を受けた患者さんから取り出したCMCバッグ

ヨーロッパでは、PIP社のハイドロジェルのインプラントのリコール問題、 2000年にハイドロジェルに対するイギリス政府機関MDAが警告文などを出すなど、 いずれも使用されなくなってきました。CMCは食品添加剤としても使用されているため、 インプラントとしても安全であるかのような広告が見受けられますが、 経口摂取による影響と体内に埋入したインプラントから成分が漏れ出た場合の影響は単純に比較できず、 長期の安全性を証明できません。

当院ではこのような理由から、開院以来、豊胸術にハイドロジェル、CMCバッグともに使用しておりません。
現在、当院で使用しているコヒーシブシリコンを製造するフランスのEUROSILICONE社は、 フランスでも最も歴史が長く、シリコンをはじめとしたさまざまなインプラント製造技術に長年の安全な歴史がある 世界最高峰のメーカーです。
大切なのは「最新」ではなく「長年にわたる安全性」です。



【安全性が不明の以前のシリコン 】


現在のコヒーシブシリコンという安全性の高いシリコンが使用される以前は、軟らかさは十分なものの、外膜が破損してしまうと、内容物が大きく漏れ出てしまうシリコンインプラントが長らく使用されていて、その安全性が問題となっていました。

90年代の初めに某美容外科で、インプラント不明の豊胸手術を受けられた方が、約20年後に当院で取り出しをしました。無事に取り出すことはできましたが、シリコンジェル内容物が漏れ出し黄色く変色を起こしていました。このような様々なトラブル例も少なくありません。豊胸手術をおおよそ2000年(平成12年)以前に受けられた方で、インプラントの内容がご不明な方は一度、専門医にご相談ください。



20年前に他院で受けられたメーカー不明のシリコン。左右ともに内容物が漏れ出て黄色に変色していました。



◆美容整形・外科認定専門医によるカウンセリング実施中   豊胸術カウンセリング予約はコチラ

▲ 豊胸術インプラントの歴史と安全性3 TOP  
▲ 豊胸術インプラントの歴史と安全性3 TOP  
タウン形成クリニックコピーライト